Article headline Speakable markup example
Google Assistant

「Google アシスタント」Fitbit睡眠管理情報を紐づけ可能に

  • 「Google アシスタント」に Fitbit で取得したの睡眠管理情報を紐づけ可能に
  • 「Google アシスタント」設定 →[健康管理]→[睡眠]と移動して[Fitbit]を選択
  • デフォルトは「Google Fit」

「Google アシスタント」の睡眠管理サービスに、新たに Fitbit を紐づけることができるようになりました。

「Google アシスタント」の睡眠管理サービスは、デフォルトでは Google 健康管理サービス「Google Fit」が設定されています。その睡眠管理サービスを Fitbit に切り替えることで、Fitbit デバイスで取得した睡眠情報を「Google アシスタント」上で表示したり、「Google アシスタント」に話しかけることで収取 & 分析された睡眠情報を答えてもらったりすることができます。

実際の「Google アシスタント」睡眠管理サービス切り替え設定は、「Google アシスタント」設定内[健康管理]→[睡眠]と移動して、[Fitbit]を選択します。このとき、Fitbit アカウントでのログインも必須です。

「Google アシスタント」睡眠管理サービス切り替え設定

とはいえ、Fitbit と「Google Fit」を紐づけている場合は Fitbit デバイスで取得した各フィットネスログや睡眠情報が「Google Fit」に蓄積されるため「Google アシスタント」睡眠管理サービスにて[Fitbit]を選択しておく必要もそこまでありません。また Fitbit はすでに Google 傘下ということもあるので、Fitbit と「Google Fit」、統合はされないまでもデータ共有などは今度さらに発展していくとも予想されます。

つまり、「Google アシスタント」睡眠管理サービスを Fitbit に切り替えるメリットは、そこまで高くありません。

アプリリンク

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。