Article headline Speakable markup example
Google Meet

「Google Meet」AI動画品質改善など新機能追加へ【Google I/O 2022】

  • 「Google Meet」に AI 動画品質改善など 5 つの新機能追加へ
  • ポートレート復元、ポートレートライト、残響除去、ライブ共有、会議文字起こし
  • 全て AI を活用した新機能

Google は 2022 年 5 月 11 日、同日開催の開発者イベント「Google I/O 2022」にて、オンライン会議サービス「Google Meet」に追加することは 4 つの新機能を発表しました。

「Google Meet」に追加される新機能は、ポートレート復元、ポートレートライト、残響除去、ライブ共有、会議文字起こしの 5 つ。全て AI を活用した新機能となっています。

ポートレート復元

ポートレート復元

「Google Meet」に追加されるポートレート復元は、動画の品質を自動で改善する新機能です。

古い WEB カメラを使用していたり薄暗い部屋でのビデオ通話、または通信状態が悪い場面においても、AI が自動で動画の品質を改善してくれます。

ポートレートライト

ポートレートライト

「Google Meet」に追加されるポートレートライトは、スタジオ品質の照明を適用してくれる新機能です。

AI が動画の照明具合を認識し、仮想ライトを適用してくれます。また照明の位置や明るさを調整することも可能です。

残響除去

「Google Meet」に追加される残響除去は、例えば個室や地下室などエコー(残響)が発生し易い環境でビデオ通話を行う場合に、エコーと除去し、会議室品質のマイク環境を AI が構築してくれます。

ライブ共有

「Google Meet」に追加されるライブ共有は、通話で共有されているコンテンツを同期し、コンテンツの制御を行うことができるようする新機能です。

「Google Meet」参加者は、コンテンツ共有にて同時に何が起こっているのかを確認することができるようになります。現状は、曖昧な新機能です。

会議文字起こし

「Google Meet」に追加される会議文字起こしは、ビデオ通話(オンライン会議)の内容を文字起こししてくれる新機能です。

オンライン会議に参加出来なかった場合でも、文字起こしされたテキストを確認することで、オンライン会議でどんなやり取りが行われたのかなどを確認することができます。またこの機能は、2022 年後半に追加される予定です。

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。