Article headline Speakable markup example
soumu

総務省、令和3年度第4四半期MNO/MVNOシェア公表

  • 総務省、令和 3 年度第 4 四半期(2022 年 3 月末)MNO / MVNO シェア公表
  • NTTドコモ 36.3%、KDDI 27.1%、ソフトバンク 21.1%、楽天モバイル 2.4%
  • MVNO は 13%

日本行政機関の総務省は 2022 年 6 月 17 日、電気通信事業報告規則規定に基づく電気通信事業者報告等の、電気通信サービス令和 3 年度第 4 四半期(2022 年 3 月末)とりまとめを公表しました。

今回の記事ではその中から、国内 MNO / MVNO シェア情報を紹介します。

令和 3 年度第 4 四半期の国内携帯電話契約数は 2 億 292 万で、前期(令和 3 年度第 3 四半期)比 +1.4%、前年同期比 +4.3% と微増となった模様。そして国内 4 大キャリア(MNO)シェアは、NTTドコモ 36.3%、KDDI 27.1%、ソフトバンク 21.1%、楽天モバイル 2.4% となりました。NTTドコモと KDDI は、前期から微減もしくは変化なし、ソフトバンクと楽天モバイルは前期から微増です。

そして MVNO は、契約数が 2,654 万で前期比 +0.3%、前年同期比 +1.7% で微増。MNO / MVNO シェア比率は、87.0%:13.0% となりました。契約数では前期比と前年同期比で微増となっているものの、MNO / MVNO シェア比率では MVNO が微減となっています。おそらく、NTT ドコモの ahamo、KDDI の povo、ソフトバンクの LINEMO が台頭しているのでしょう。

電気通信サービス令和 3 年度第 4 四半期(2022 年 3 月末)とりまとめ

ちなみに、MVNO をそれぞれの借り入れ元回線に含めた場合のシェアは、NTTドコモ 41.7%、KDDI 30.5%、ソフトバンク 25.4% で、楽天モバイルは MVNO 提供がないため変わらず 2.4% です。やはり NTTドコモ が優勢。

Source:総務省

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。