Article headline Speakable markup example
SwitchBot Bot

「SwitchBot」ボットにカスタムモード追加

  • 「SwitchBot ボット」に動作をカスタマイズできる[カスタム]モードが追加
  • [長押し][連続押し][動作する間の遅延実行]を組み合わせて独自の動作を設定可能に
  • このほか様々な機能改善も

スマートスイッチ「SwitchBot ボット」やカーテンスマート化 IoT「SwitchBot カーテン」、スマートライト「SwitchBot 電球」などを提供するスマートホームメーカー SwitchBot のコンパニオンアプリ「SwitchBot」の Android 版に対し、2022 年 7 月 22 日にアップデートが配信開始された、新機能や機能改善などが行われました。

今回「SwitchBot」アプリに追加された新機能は、スマートスイッチ「SwitchBot ボット」に動作をカスタマイズできる[カスタム]モードです。[カスタム]モードでは「SwitchBot ボット」の[長押し][連続押し][動作する間の遅延実行]を組み合わせて、独自の動作パターン作を設定可能。

実際に[カスタム]モードを利用するには、「SwitchBot」アプリ内の[モード]から[カスタム]を選択しつつ、同時のパターンを設定します。

「SwitchBot ボット」新機能[モード]

「SwitchBot ボット」の新機能[カスタム]モードは、まずは Android 版「SwitchBot」アプリ v6.30 以降で利用可能です。iOS 版「SwitchBot」アプリは、追って配信されるアプリアップデートで解禁されると予想されます。

このほか、Android 版「SwitchBot」アプリアップデートでは、複数の改善も行われています。

最新情報

  1. SwitchBotハブが接続できない場合で対処方法などのプロンプトを追加しました。
  2. SwitchBotボットに「カスタム」モード機能を追加しました。
  3. 赤外線リモコンのスマートラーニング機能を改善しました。
  4. 赤外線リモコンのカスタマイズ学習機能を改善しました。
  5. アカウントを作成する時に、認証コードが届かない問題の対処方法を追加しました。
  6. SwitchBot屋内カメラとSwitchBot見守りカメラの追加プロセスを改善しました。
  7. クラウドサービス機能とガイドを改善しました。
  8. その他の機能の体験を改善しました。

「SwitchBot」アプリリンク

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。