Article headline Speakable markup example
Uber Eats

「Uber Eats」配達サービスビジネスモデルをUber直提供に変更

  • 「Uber Eats」、事前予告通り本日2022 年 8 月 1 日からビジネスモデルを変更
  • 加盟店がエンドユーザーに配達サービスを提供するビジネスモデルから、新たに「Uber Eats」が直でエンドユーザーに配達サービスを提供するビジネスモデルに
  • ビジネスモデル変更に伴う仕様変更や料金体系の変更はなし

米テクノロジー企業 Uber は事前予告通り、本日 2022 年 8 月 1 日(月)からフードデリバリーサービス「Uber Eats」における国内向けビジネスモデルを、配送サービス提供プロセスをシンプルに明確かすべく、ビジネスモデルを変更しました。

「Uber Eats」はこれまで、あくまでもフードデリバリーサービスプラットフォームを提供するディベロッパーとして、「Uber Eats」加盟店がエンドユーザーに対して配達サービスを提供するビジネスモデルを展開してきたのですが、本日 2022 年 8 月 1 日(月)からは新たに、Uber(Uber Eats)がエンドユーザーに対して配達サービスを提供するビジネスモデルへと変更されています。またこのビジネスモデル変更に合わせて、利用規約も改定されます。

つまり、これまでフードデリバリーサービス「Uber Eats」をプラットフォームとして提供していた Uber が、本日 2022 年 8 月 1 日(月)からは直接フードデリバリーサービス「Uber Eats」を提供するということです。

これまで「Uber Eats」で頼んだ商品が届かなかったり、届いたとしても破損していたり、そもそも間違った商品だったりした場合など、「Uber Eats」加盟店、いわゆるお店とユーザーが直接やり取りをする必要があり、この点のわずらわしさが問題視されていました。しかし「Uber Eats」が直でフードデリバリーサービスを提供するビジネスモデルへと変更したことで、このような問題がある程度解消される期待も高まります。

ちなみに「Uber Eats」ビジネスモデル変更に伴う仕様変更や料金体系の変更はないとしています。

Uber Eats 利用規約の改定について

Uber Eats ユーザー(注文者)の皆様

Uber Eats では、配送サービスの提供プロセスをよりシンプルなものとすべく、2022 年 8 月 1 日(以下「本変更日」といいます。)に、Uber Eats プラットフォームを介して配送依頼を受け取る配達パートナーを通じての配達に関して、ビジネスモデルの変更および利用規約を改定いたします。

【ビジネスモデル変更前】

加盟店がユーザーの皆様に対し配達サービスを提供

【ビジネスモデル変更後】
Uber がユーザーの皆様に対し配達サービスを提供
また、従来の利用規約の内容を、Uber Eats のビジネスモデルに合わせて、より明確化するための改定も行っております。本変更日は諸般の事情により延期することがあります。新しい利用規約は、本変更日より適用されます。

なお、新しいビジネスモデルにおいては、Uber は配送業務を独立契約者である配達パートナーに再委託するため、ユーザーの皆様が Uber に支払う配達手数料等の金額にかかわらず、Uber は、Uber と配達パートナーの間で別途合意した配送料等を配達パートナーに対して支払うこととなります。

ユーザーの皆様がサービスを利用するにあたって、今回の新しいビジネスモデルへの変更に伴うUber Eats アプリの仕様や料金体系に関する変更点はございません。

本変更日以後のユーザー様による Uber Eats へのアクセス又はそのご利用は、変更後の利用規約に同意なされたものとみなさせていただきます。
ご質問がある場合は、こちらよりサポートまでご連絡ください。

アプリリンク

Source:Uber

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。