Article headline Speakable markup example
Nothing Phone (1)

即日完売!国内先行「Nothing Phone (1)」

  • 2022 年 8 月 2 日(火)日本国内先行発売 Nothing 製第一弾 Android スマートフォン「Phone (1)」は即日完売(台数未定)
  • 8GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデルの “ブラック” と “ホワイト” がラインアップ
  • 「Phone (1)」は日本国内で近日一般発売予定

英国ベンチャー企業「Nothing Technologies Limited」の国内法人 Nothing Japan は 2022 年 8 月 2 日(火)に、2022 年 7 月 13 日(水)0 時に発表し 2022年 7 月 21 日(木)に日本以外のグローバルで発売した Android ベースカスタム OS「Nothing OS」搭載第一弾 Android スマートフォン「Phone (1)」を日本国内で先行販売しました。

今回「Phone (1)」は、8GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデルの “ブラック” と “ホワイト” が、米国セレクトショップ & ファッションブランド「KITH」の東京店「KITH TOKYO」のみで数量限定販売。そして、即日完売したてしまった模様です。

Nothing は当日開店前の「KITH TOKYO」の様子も、公式 SNS で公開しています。30 ~ 40 名程度の開店待ちのいた模様。すべての方に「Phone (1)」が行き渡ったのかどうかは、不明です。

ちなみに「Phone (1)」は日本国内において、2022 年 8 月中に改めて一般発売予定です。

「Nothing Phone (1)」

「Nothing Phone (1)」

「Nothing Phone (1)」は、英国ベンチャー企業「Nothing Technologies Limited」の次世代通信規格「5G(Sub6)」対応第一弾 Android スマートフォンです。

主要スペックは、リフレッシュレート最大 120Hz の 6.55 インチ(2,400 × 1,080)フル HD+ フレキシブル OLED ディスプレイ、Snapdragon 778+ プロセッサ、8 / 12 GB RAM、128 / 256 GB(UFS 3.1)内部ストレージ、33W 急速充電とワイヤレス充電(15W)/ ワイヤレス給電(5W)対応 4500mAh バッテリー、そして OS には Android 12 ベースの Nothing OS を搭載。2022 年内の Android 13 へのメジャーアップデートと発売後向こう 3 年間のメジャーアップデート、そして 2 か月に一回のセキュリティアップデートも向こう 4 年間約束されています。

リアカメラは、5,000 万画素メインカメラ + 5,000 万画素 114° 広角カメラのデュアルカメラ仕様で、フロントカメラはパンチホール仕様の 1,600 万画素シングルカメラを搭載します。リアカメラは 4K@60fps 動画撮影もサポート。

リフレッシュレート最大 120Hz ディスプレイ

「Phone (1)」で目を引くのは、スケルトン仕様のバックパネルと、そのバックパネルの下に配置された 900 の LED で構成されているライトユニットです。背面ライトユニットは、リアカメラ周り、右上コーナー、ワイヤレス充電用コイルユニット周り、そして下部中央に配置されていて、着信や通知、充電状況などに応じた光のパターンを演出する Nothing 独自の「Glyph Interface」が採用されています。

また、ディスプレイを上にした状態で「Phone (1)」を机などに置くことで通知音が OFF になりライトユニットだけで着信や通知を知らせてくれる「Flip to Glyph」も実装。「Glyph Interface」ライトユニットは、リアカメラ用のフラッシュライトとしても利用可能です。

「Phone (1)」、デザイン性の高さと機能性の高さを兼ね備えています。

「Glyph Interface」

「Phone (1)」本体には、100% リサイクル仕様のアルミフレームと、バイオベースまたはポストコンシューマーリサイクル材料が使用された自然に優しいプラスチック素材を使用。また前後共に強化ガラスパネル Gorilla Glass 5 が採用されています。

「Phone (1)」は “ブラック” と “ホワイト” の 2 色展開で、8GB RAM + 128GB 内部ストレージ搭載モデル、8GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデル、12GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデルの 3 モデルがラインアップしています。

“ブラック” と “ホワイト” の 2 色展開

主要スペック

OS
Nothing OS(Android 12 ベース)
サイズ
159.2 × 75.8 × 8.3 mm
重量
193.5g
ディスプレイ
6.55 インチ(2,400 × 1,080)フル HD+ フレキシブル OLED、リフレッシュレート最大 120Hz、HDR10+
プロセッサ
Snapdragon 778+
RAM
8 / 12 GB
内部ストレージ
128 / 256 GB、UFS 3.1
リアカメラ
5,000 万画素 IMX766 メイン(F/1.88、1µm)+ 5,000 万画素 114° 広角(F/2.2)
フロントカメラ
1,600 万画素 IMX471(F/2.45)
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac / ax、Wi-Fi 6
Bluetooth
5.2
バッテリー
4500mAh、33W 急速充電(有線)、ワイヤレス充電(15W)/ ワイヤレス給電(5W)
その他
USB Type-C、指紋センサー、NFC(Felica 非搭載)
カラー
ブラック、ホワイト
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 17 / 18 / 19 / 20 / 28 / 66
    • TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41
    • CA B1+B19、B1+B18
    • LTE Cat.6(下り最大 225Mbps)
  • 5G:Sub6 n1 / n3 / n5 / n7 / n8 / n20 / n28 / n38 / n40 / n41 / n77 / n78

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

Jetstream BLOG をフォロー

「即日完売!国内先行「Nothing Phone (1)」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。