Article headline Speakable markup example

Wi-Fi 6E対応!B&Hが未発表「Nest Wifi Pro」商品ページフライング公開

  • 米国ビデオ & カメラ量販店 B&H が未発表「Nest Wifi Pro」商品ページ公開
  • 「Nest Wifi」の後継モデルで Wi-Fi 6GHz 拡張規格「Wi-Fi 6E」対応
  • “Snow” “Lemongrass” “ Fog” “Linen” の 4 色展開

Google は日本時間 2022 年 10 月 6 日(木)23 時より、新世代 Google Pixel スマートフォン「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」や新型 Wear OS スマートウォッチ「Google Pixel Watch」、Nest 新製品の正式発表イベント「#MadeByGoogle 発表イベント」を開催すると発表済み。

要は「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」「Google Pixel Watch」は確実に発表され、さらに Nest ブランドのスマートホーム製品も発表されることは確定しているのですが、その一部が判明したのかもしれません。米国のビデオ & カメラ量販店 B&H が、なんと未発表製品「Nest Wifi Pro」の商品ページをフライング公開しました。

ちなみに B&H はこれまでも、様々な未発表新製品の商品ページをフライング公開してきた歴史があります。なので今回の未発表製品「Nest Wifi Pro」についても何も珍しくなく、むしろ確信犯的犯行です。

未発表「Nest Wifi Pro」

「Nest Wifi Pro」はその名の通り、2019 年 10 月に発表された Google 製 Wi-Fi ルーター第二世代「Nest Wifi」の、さらなる後継機種(第三世代)と見られている新型 Wi-Fi ルーターです。すでに新世代「Nest Wifi」と見られる Google 製ワイヤレスプロダクト(Wireless product)型番「G6ZUC」が米政府創設独立機関「FCC(連保通信委員会)」の認証も取得しているため、その存在はほぼ確実視されていました。

そして気になるのは、「FCC」認証を取得している型番「G6ZUC」と予想される B&H 公開未発表製品「Nest Wifi Pro」は、Wi-Fi 6GHz 拡張規格「Wi-Fi 6E」対応している点。「Wi-Fi 6E」と言えば 2022 年 9 月 2 日(金)に、日本行政機関の総務省による電波法改正発表にて、日本国内でもついに電波利用が解禁されています。

第三世代の「Nest Wifi Pro」が本当に発表されるのかはまだわかりませんが、初代「Google Wifi」と第二世代「Nest Wifi」は日本国内でも発売されため、もし発表されるのであれば「Nest Wifi Pro」の日本国内発売にも期待したいところ。そうすれば、日本国内における有力な「Wi-Fi 6E」対応 Wi-Fi ルーターとなるかも。

ちなみに「Nest Wifi Pro」の B&H 価格は 1 個 $199 で、3 個セットだと $399 です。3 個セットがあるということはこれまでのシリーズと同じく、メッシュメットワークを構築できる仕様であることは間違いないでしょう。ただ、「Nest Wifi」で採用された母艦「Nest Wifi ルーター」に対する中継機「Nest Wifi 拡張ポイント」に充たる製品がラインアップされていないため、「Nest Wifi Pro」では中継機が廃止されるのかもしれません。そもそも、型番「G6ZUC」と同時に「FCC」認証を取得した未発表 Google 製品もないですしね。

このほか B&H からは、「Nest Wifi Pro」のカラーバリエーションが “Snow” “Lemongrass” “ Fog” “Linen” の 4 色展開となることも明らかとなっています。日本に投入される場合、また “Snow” だけとなるのでしょうか。製品画像は、まだ未公開です。

Source:B&H

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。