Article headline Speakable markup example
Google Maps

「Google マップ」ストリートビュータイムマシン機能がスマートフォン対応

  • Google Japan、Android / iOS 版「Google マップ」アプリの「ストリートビュー(Google ストリートビュー)」における「タイムマシン」対応を発表
  • 「Google ストリートビュー」の「タイムマシン」機能は過去に遡って風景を確認できる機能
  • 2022 年 3 月より Android / iOS 版「Google ストリートビュー」アプリで解禁

Google 日本法人 Google Japan は 2022 年 9 月 26 日(月)、地図サービス「Google マップ」の Android / iOS 版アプリの「ストリートビュー(Google ストリートビュー)」における「タイムマシン」対応を発表しました。

とはいえ、Android / iOS 版「Google マップ」アプリにおける「ストリートビュー」の「タイムマシン」機能は、2022 年夏前後に解禁されていた機能です。最近使えるようになったわけではありません。

またそもそも「タイムマシン」機能は、WEB 版「Google ストリートビュー」で 2019 年に提供が開始され、その後 2022 年 3 月には Android / iOS 版「Google ストリートビュー」アプリでも利用できるようになりました。つまり「ストリートビュー」の「タイムマシン」機能自体は、結構前から利用できたわけで、今回 Android / iOS 版「Google マップ」アプリでも利用できるようになった、というわけです。

Android / iOS 版「Google マップ」アプリの「ストリートビュー」で「タイムマシン」機能を利用する方法は簡単で、まずは任意の地図で「ストリートビュー」を起動します。そして画面下部に表示される[他の日付を見る]をタッチし、表示される過去日を指定します。たったこれだけです。

「Google マップ」アプリの「タイムマシン」機能

ちなみに過去に撮影された「ストリートビュー」写真がない場所については、[他の日付を見る]自体が表示されません。ご注意ください。

アプリリンク

「Google ストリートビュー」

「Google マップ」

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

Jetstream BLOG をフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。