Article headline Speakable markup example
Search On 2022 Google Lens

「Google レンズ」マルチ検索が70以上の言語に対応へ【Search On 2022】

  • Google、検索関連イベント「Search On 22(#SearchOn)」開催
  • 2022 年 4 月に発表した「Google レンズ」の画像認識とテキストを使用したカスタム検索機能「マルチ検索(Multisearch)」の 70 以上言語対応を発表
  • 現状の英語のみ対応から今後数か月以内に大幅対応言語拡大へ

Google は 2022 年 9 月 28 日(水)、毎年開催している Google 検索関連イベント「Search On(#SearchOn)」の 2022 年版「Search On 22」を開催しました。

今年の「Search On 22」でも、Google 検索関連の新機能が複数発表されています。そしてその中で、2022 年 4 月に Google が発表した「Google レンズ」の画像認識とテキストを使用したカスタム検索機能「マルチ検索(Multisearch)」の、対応言語拡大が発表されました。「Google レンズ」の「マルチ検索」は、進歩した最新の人工知能と次世代検索「MUM」によって実現した新機能として、すでに米国にてベータ版が提供されています。

そもそも「Google レンズ」の「マルチ検索」は、「Google レンズ」の画像認識に、さらにテキストを使用してカスタム検索が可能となる機能で、例えば雑誌に掲載されているオレンジカラーのドレス写真を「Google レンズ」で読み取ってそのドレスそのものか似たデザインのドレスが販売されている EC サイトを探したあとに、さらにテキスト検索で “グリーン” と付け加えることで、グリーンカラーの同デザインドレスを探すことができます。

そして今回「マルチ検索」が、さらに 70 以上の言語に対応することが発表されました。「Google レンズ」の「マルチ検索」70 以上言語対応は、今後数か月以内に行われる予定。実際の対象言語は未発表ですが、少なくとも日本語にも提供されることは Google 日本法人 Google Japan から正式発表されています。

今後数ヶ月で日本語を含む 70 以上の言語に対応する予定です。

「マルチ検索(Multisearch)」

また Google は、2022 年 5 月に行われた開発者イベント「Google I/O 2022」で披露した、「マルチ検索」応用機能「近くのマルチ検索(multisearch near me)」を、2022 年秋後半より米国(英語)で提供開始することも発表しています。「近くのマルチ検索」は、料理やファッションアイテムなどを「マルチ検索」した場合に、その料理やファッションアイテムがある近くのお店やスポットを表示してくれる便利機能です。

アプリリンク

「Google」アプリ

「Google レンズ」アプリ

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。