Article headline Speakable markup example
Nothing Phine (Stick)

先行発売!新型ワイヤレスイヤホン「Nothing Ear (stick)」

  • Nothing 第三弾製品新型ワイヤレスイヤホン「Ear (stick)」が本日 2022 年 10 月 29 日(土)11 時より先行発売
  • スケルトンデザイン採用でハーフインイヤー型デザインに刷新 & 最大 7 時間連続再生に対応
  • 本体価格税込み 16,800 円で 2022 年 10 月 31 日(月)より出荷開始

英国ベンチャー企業「Nothing Technologies Limited」が 2022 年 10 月 26 日(水)に正式発表した、同社第三弾製品となる新型 Bluetooth イヤホン「Ear (stick)」が、本日 2022 年 10 月 29 日(土)11 時より先行発売されました。

「Ear (stick)」の本体価格は税込み 16,800 円で、今回は Nothing 公式サイトと米国セレクトショップ & ファッションブランド「KITH」の東京店「KITH TOKYO」、そして「二子玉川 蔦屋家電」限定の先行発売です。Nothing 公式サイト販売分は、2022 年 10 月 31 日(月)より出荷開始されます。また一般発売は、2022 年 11 月 10 日(木)です。

「Nothing Ear (stick)」

「Nothing Ear (Stick)」

英国ベンチャー「Nothing Technologies Limited」第三弾製品「Ear (stick)」は、第一弾製品「ear (1)」から若干の軽量化と、インイヤー型デザインからハーフインイヤー型デザインに刷新されたリニューアルモデル。

ハーフインイヤー型デザインとなったことで、長時間装着し続けても耳が痛くなりにくくなりました。またイヤホンの重量も、「ear (1)」の 4.7g から 4.4g と、若干の軽量化を実現しています。

「ear (1)」/「Ear (Stick)」

「Ear (stick)」でも「ear (1)」同様、本体の柄の部分は回路基板などの細部構造を覗くことができるスケルトンデザインを採用。イヤーパッド部分にはジェスチャー操作対応のプレスコントロールを搭載し、再生 / 一時停止 / ボリュームコントロールなどが可能です。

「Ear (stick)」では IP54 規格の防水防塵をサポートし、「ear (1)」の IPX4 防水対応から新たに防塵にまで対応。本体スピーカーも「ear (1)」の 11.6mm ドライバーから 12.6 mm に大型化しています。

「Ear (stick)」は、Nothing 第二弾製品の Android スマートフォン「Phone (1)」との連携はもちろん、Android の Bluetooth ワンタッチペアリング機能「ファスト ペアリング(Fast Pair)」と、Microsoft の高速スイッチング「Microsoft Quick Switch」もサポート。Android / iOS 版「Nothing」アプリでの制御はもちろん、「Phone (1)」との接続では、例えば動画再生時の動画と音声のズレを防ぐ「低遅延モード」も自動適用される優れた仕様です。

Bluetooth 規格は v5.2 対応で、対応するコーデックは AAC と SBC。

「Phone (1)」

残念なことに、「ear (1)」に搭載されていたアクティブノイズキャンセリング機能は、「Ear (stick)」では非搭載となります。ただし、最新のアルゴリズムが採用された 3 つの高精細マイクが風切り音や人混みなどの周囲のノイズをフィルタリングしつつ通話音声を増幅してクリアな通話を実現する独自のテクノロジー「Clear Voice Technology」が採用されているため、音声通話では「Ear (stick)」が威力を発揮します。

「Ear (stick)」は、単体で最大 7 時間連続再生と最大 3 時間の連続通話をサポート。スティック対応の充電ケースは「Ear (stick)」を 4 回分充電可能です。

「Ear (stick)」は “ホワイト” の 1 色展開で、本体価格は税込み 16,800 円。

Source:Nothing

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。