Article headline Speakable markup example
Nothing Phone (1)

ARCore対応!「Phone (1)」Nothing OS v1.1.6アップデート配信

  • 2022 年 10 月 31 日(月)、「Nothing Phone (1)」に発売以来 5 度目ソフトウェアアップデート配信開始
  • ソフトウェア「Nothing OS v1.1.6」に更新
  • 「Google Play 開発者サービス(AR)」の対応やカメラと「Glyph Interface」機能向上、「Nothing Launcher」最適化など利便性大幅向上

英国ベンチャー企業「Nothing Technologies Limited」は 2022 年 10 月 31 日(月)、Android ベースカスタム OS「Nothing OS」搭載第一弾 Android スマートフォン「Phone (1)」に対し、グローバル発売以来 5 度目のソフトウェアアップデートを配信開始しました。

「Phone (1)」には、グローバルでの発売と同時の 2022 年 7 月 22 日(金)にファーストソフトウェアアップデート(Nothing OS v1.1.0)が配信され、その後 2022 年 8 月 3 日(水)に早くもセカンドソフトウェアアップデート(Nothing OS v1.1.2)、2022 年 8 月 19 日(金)にサードアップデート(Nothing OS v1.1.3)、そして 2022 年 9 月 28 日(水)にフォースアップデート(Nothing OS v1.1.4)が配信されています。今回は約一か月ぶりとなるグローバル発売以来五度目のフィフスアップデートとなるわけですが、アップデート後の[ソフトウェア情報]は一個飛ばしの「Nothing OS v1.1.6」です。

「Nothing OS v1.1.6」アップデート

「Phone (1)」ソフトウェアアップデートは、「Over the Air(OTA)」で配信されます。そして今回の「Phone (1)」に対する「Nothing OS v1.1.6」アップデートでは、旧「ARCore」こと「Google Play 開発者サービス(AR)」の対応や、カメラと背面 LED ライト「Glyph Interface」の機能向上、ホームランチャー「Nothing Launcher」の最適化などが行われています。

「Phone (1)」が「Google Play 開発者サービス(AR)」に対応することで、Google 検索の「AR on Google」や地図サービス「Google マップ」の AR 徒歩ナビ「ライブビュー」などが利用できるようになるので、格段に利便性が向上します。

「Nothing OS v1.1.6」新機能
  • 「Google Play 開発者サービス(AR)」サポート
  • インド通信キャリア「Reliance Jio」の 5G に対応
「Nothing OS v1.1.6」カメラ
  • よりシャープな動画撮影を可能にするカメラ安定性の向上
  • 録画中の常時表示ランプ点灯化
「Nothing OS v1.1.6」改善
  • 「Nothing Launcher」操作性を向上でより滑らかに
  • バッテリー表示をより正確化
  • HDR コンテンツ表示時の最大輝度向上
  • Flip to Glyph をより反応しやすく更新
  • 「Glyph Interface」充電ランプと効果音の同期正確性向上
  • NFC サウンドエフェクト更新
  • 一般的な修正

Source:Nothing

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。