Article headline Speakable markup example
HUBLOT e FIFA

「2022 FIFAワールドカップ」レフェリーは75万円のWear OS着用

  • Google Japan、2022 年 11 月 20 日(日)から開幕される「2022 FIFA ワールドカップ」に関連するブログ記事を公開
  • その中で、Wear OS スマートウォッチ「HUBLOT ビッグ・バン E FIFA ワールドカップ カタール 2022」が公式レフェリー着用時計として採用されることを発表
  • 「HUBLOT ビッグ・バン E FIFA ワールドカップ カタール 2022」は税込み 748,000 円の Wear OS 3 スマートウォッチ

Google 日本法人 Google Japan は 2022 年 11 月 13 日(日)、2022 年 11 月 20 日(日)から開幕される「2022 FIFA ワールドカップ」に関連するブログ記事を公開しました。

そしてその中で、スイスの高級時計ブランド HUBLOT(ウブロ)が 2022 年 10 月中旬に発表した新型 Wear OS スマートウォッチ「ビッグ・バン E FIFA ワールドカップ カタール 2022」が、公式レフェリー 129 名の着用時計として採用されることを発表しました。「ビッグ・バン E FIFA ワールドカップ カタール 2022」の価格は、なんと税込み 748,000 円。超高級な Wear OS スマートウォッチが、「2022 FIFA ワールドカップ」レフェリー 129 名の腕に着用されるということです。

「ビッグ・バン E FIFA ワールドカップ カタール 2022」

ちなみに「ビッグ・バン E FIFA ワールドカップ カタール 2022」は、Snapdragon Wear 4100+ プロセッサや 1GB RAM、そして OS には Wear OS 3 を搭載する Wear OS スマートウォッチです。実質的なスペックとしては「Fossil Gen 6」と変わりませんが、本体ケースにマイクロブラスト加工 & ポリッシュ仕上げを施したハイテク仕様のブラックセラミックとブラックチタン、そしてカバーガラスにサファイアクリスタルを採用する、デザインと素材にこだわった Wear OS スマートウォッチとなっています。

「ビッグ・バン e ブルー ヴィクトリー」

また「2022 FIFA ワールドカップ」開催国であるカタール国旗にインスピレーションを得たモデルをベースとして、カラー、ダイヤル、ストラップを参加 32 か国の各国仕様のデザインから選択することも可能。さらに日本国内限定モデルとして、「ビッグ・バン e ブルー ヴィクトリー」も用意。こちらの価格は、税込み 792,000 円です。

Source:Google Japan

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。