Article headline Speakable markup example
Google Pixel Watch

「Google Pixel Watch」Fitbit睡眠プロファイル対応

  • 「Google Pixel Watch」アプリ初アップデート配信で Fitbit「睡眠プロファイル」に対応
  • 「睡眠プロファイル」は 2022 年 6 月より提供開始された Fitbit プレミアムプラン「Fitbit Premium」のサービスの一つ
  • 一か月間取得した睡眠ログを元に月一でプロファイリングデータをお知らせしてくれるサービス

Google は 2022 年 11 月 15 日(火)、Made by Google 製 Wear OS スマートウォッチ「Google Pixel Watch」の Fitbit「睡眠プロファイル」対応開始を発表しました。

「睡眠プロファイル」は、2022 年 6 月より提供開始された Fitbit プレミアムプラン「Fitbit Premium」のサービス。睡眠専門家や研究者による 187 万件の睡眠ログデータを元にユーザーの睡眠を 10 の指数によって分析し、同性 / 同年代の典型的な睡眠傾向と比較して改善の余地があるかどうかなどを示してくれる睡眠プロファイリングサービスです。

睡眠時間や睡眠の質、レム睡眠などの基本指数はもちろん、睡眠スケジュールとその変動、熟睡前の時間、途中の起床にいたるまで、睡眠に関するあらゆるデータを一か月間取得し、各データの現在の状況や理想点などを示してくれます。これにより、現在の睡眠のどの部分を改善すればよいかがわかります。

「睡眠プロファイル」ログと比較

さらに「睡眠プロファイル」のユニークな点は、分析された睡眠状態を元に、6 つの睡眠スタイルの中から該当するものを、キリン、クマ、イルカ、ハリネズミ、オウム、カメの動物パターンに当て込んでわかりやすく表現してくれる点です。その動物の行動パターンや睡眠パターンとユーザーを相関させることで、ユーザーの睡眠状態をわかりやすく理解できるようになります。

例えばイルカの場合は、眠りにつくまでが遅く眠りも浅いため、全体的な睡眠時間が短くなる傾向。これは、日々一貫した睡眠スケジュールではないためで、睡眠不足がちで日中の昼寝で寝不足を解消する必要がある、といった感じです。

ちなみに理想的な動物パターンはなく、あくまでもユーザーの睡眠パターンを元に動物パターンを当て込み、そして睡眠を改善することが目的です。

動物パターン

「睡眠プロファイル」は、Fitbit デバイスや「Google Pixel Watch」を着用したまま睡眠することで睡眠ログが蓄積されていき、その蓄積された睡眠ログを元にプロファイリングされる仕様。一か月の間で、最低でも 14 日分の睡眠ログが必要となります。

「Google Pixel Watch」は 2022 年 10 月 13 日(木)の発売当初から睡眠ログの取得自体は対応していたのですが、「睡眠プロファイル」には対応していなかった模様。しかし発売日以降より「Google Pixel Watch」を装着しているユーザーの睡眠ログはしっかりと蓄積されているため、今回の「睡眠プロファイル」対応に合わせて、2022 年 11 月 22 日(火)前後に最初の「睡眠プロファイル」のプロファイリングデータがお知らせとして通知されるようになります。

また実際の「Google Pixel Watch」の「睡眠プロファイル」対応は、2022 年 11 月 14 日(月)より配信開始された「Google Pixel Watch」アプリの初アップデートで行われます。

「Google Pixel Watch」アプリリンク

Source:Google

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。