Article headline Speakable markup example
Rakuten Mobile

楽天モバイル「持ち込みスマホあんしん保証」利用規約変更

  • 「楽天モバイル」、「持ち込みスマホあんしん保証」の利用規約を変更
  • 回線開通から 30 日以内と定められていた製品登録期限やバッテリー劣化による申し込み不可条件が撤廃
  • 本日 2022 年 11 月 22 日(火)より適用開始

楽天は本日 2022 年 11 月 22 日(火)より、MNO サービス「楽天モバイル」の端末保証プログラム「持ち込みスマホあんしん保証」の利用規約を事前予告通り一部変更し、提供開始しました。

「持ち込みスマホあんしん保証」利用規約変更は、ざっくりと見て多少の改善です。例えば、これまで「楽天モバイル」回線開通から 30 日以内と定められていた製品登録期限や、バッテリー劣化による申し込み不可条件が撤廃されます。

「楽天モバイル」の「持ち込みスマホあんしん保証」はそもそも、SIM のみ契約も含めて、「楽天モバイル」回線を「楽天モバイル」販売機種以外の SIM フリースマートフォンなどで利用する場合に加入できる、端末保証サービスです。例えば「楽天モバイル」SIM のみ契約で SIM フリースマートフォンを運用する場合はもちろん、「楽天モバイル」販売機種と SIM の同時契約以降に SIM のみを SIM フリースマートフォンで運用する場合などに加入可能。

「持ち込みスマホあんしん保証」の利用料金は月額税込み 715 円 ~ 1,309 円で、破損時の新品同等品交換などを自己負担金税込み 6,600 円 or 12,100 円で受けることができるようになります。

ただし「持ち込みスマホあんしん保証」に加入できる機種は、「楽天モバイル」が定める保証対象製品でのみです。また「持ち込みスマホあんしん保証」加入時の製品登録にて、端末識別番号(IMEI)を登録する必要もあります。ご注意ください。

そして今回の「持ち込みスマホあんしん保証」利用規約変更では、これまで回線開通から 30 日以内と定められていた製品登録期限や、製品登録予定機種のバッテリー劣化に伴う申し込み不可条件が、それぞれ撤廃されました。とはいえ変更前の利用規約から変わらず、加入時点ですでに故障していたりどこかが破損している場合は、そもそも加入不可。単に “バッテリー劣化” による加入不可条件の記載がなくなったのみで、バッテリーも含めて「楽天モバイル」が “故障” と判断する場合については、以前から変わらず「持ち込みスマホあんしん保証」への加入は不可となります。

つまり例えば、すでに画面割れがあったりバッテリーが劣化し充電してもすぐにバッテリー切れになるなどと故障 / 破損状態にある機種の「持ち込みスマホあんしん保証」加入は、本日からの規約変更後もこれまで通り不可。一方で、回線開通後 30 日以内に定められていた製品登録期限が撤廃される点は、素直に改善です。

「持ち込みスマホあんしん保証」利用規約変更①
「持ち込みスマホあんしん保証」利用規約変更②

このほか、契約後の月々の「楽天モバイル」利用料金だけでなく、「持ち込みスマホあんしん保証」の利用料金を支払っていない場合や、契約者登録情報や保証申請書に虚偽または事実と異なる内容、もしくは記載不備などがある場合に、「持ち込みスマホあんしん保証」のサービス提供を請求できない旨などが、利用規約変更後に整理。料金を支払っていなかったり契約書に虚偽の内容がある場合にサービスを受けられないというのはごく一般的に当たり前のことなので、この部分の規約変更は特に改善ではありません。

Source:楽天モバイル

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。