Pucciniこと「HTC Jetstream」が届きました!

さてさて、本日届きました、HTC Jetstream(AT&T)。

最初に残念なお知らせです。

SIMロックはUNLOCK CODEで解除できましたが、なぜかdocomo定額SIMでの3G通信はできませんでした。

AT&TのAPNしか受け付けないようにできているのかもしれません。

Rogers版はどうなんでしょうか、、、気になるから買ってしまおうか!!???

っま、でもタブレットですから、自分が持っているWiMAXのポケットWiFiに繋げて高速通信でも十分。

ってことで、簡単にレビューをいたします。

まず本日届いた内容から。

本体(未開封)・アンチグレア保護シート6枚・ハードケース。

本体はebayで$650(送料込 約50,000円)即決、更に転送業者を使用し上記アクセサリー・国内到着時の消費税も含めて、総額58,000円くらいでした。

ちなみに消費税は1,100円。思ったより安くなりました。

いろいろ画像を撮ったのに間違って消してしまったため、数枚しか画像ないです。

撮り直すのが面倒で。。。

デカHTC Sense
スペックです。
スペック2。

HTC Senseは”バージョン1.1 for タブレット”というバージョンでした。

スクリーンショットは電源とHOMEボタンの同時押しで撮れました。


ちなみに、最近のAT&T端末は日本で言うauのようなソフトウェアアップデート方式で、キャリアの3G経由でないと、基本的にはソフトウェアのアップデートができません。

ただHTC端末に関してはUS HTCのHPにて最新ソフトウェアをダウンロードでき、PCにつないでアップデートできるようになっています。

ただし、全て初期化されてしまうため、再度一から設定し直す必要があります。
できる限りのバックアップ必須!!

今回は一番最初にアップデートをしてからいろいろ設定したので、初期バージョンとの比較はできてません。
ごめんなさい。

下記はHPからの引用で、出荷初期のスペックです。最新のソフトウェアと比べると、ROMバージョンがまず新しくなってますね。

あとはバグフィックスとかも行われたみたいですね。

ソフトウェアなどのDL画面
初期スペック

10.1インチにしてタッチペンによるメモ書などが可能なHTC Scribeに対応していることが、HTC Jetstreamの最大の特徴ではないでしょうか!?

早速書いてみたいと思います!!!

、、、おっと!!?タッチペンが入ってない。。。

すぐ手配するので、届き次第改めてレビューします。

最後に自分が持っている他のタブレットとの比較です。

★GALAXY Tab 10.1 Google I/O Limited Edition   ★Sony Tablet S ★HTC Jetstream

HTC Jetstream、すでに手垢べったりw

GALAXY Tab 10.1は久々の登場ですが、数か月前に突然の永久起動画面ループに陥りご臨終されました。

いちおうオデンでどっかのファームを焼いているので使えることは使えますが。。。

感覚的にはMotorola XOOMと同じ感じです。大きさも厚みも。

GALAXY Tab 10.1の方が少し薄くて軽い感じでした。

ソニタブSは、まぁ別次元ということで。

また何か真新しいことがあればその時にUPいたします。

Jetstreamが届いたのもつかの間、明日はあの真白GALAXY Tab 7.0 plusが届きます!!!

シュートするつもりはありません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください