Motorola・Sony Mobile・OPPO・MicrosoftがQualcomm Snapdragon 810搭載端末を開発

アメリカの移動体通信技術・半導体の開発企業Qualcomm がプレスリリースにおいて、同社開発の最新プロセッサーSnapdragon 810 を搭載する端末を開発しているメーカーを発表しました。

Snapdragon 810 は今のところ、韓国メーカー LG の LG G Flex 2 と、中国メーカー Xiaomi の Xiaomi Mi Note Pro で採用されることは既に発表されています。

 

今回のQualcomm のプレスリリースにて、現時点でMotorola・Sony Mobile・OPPO・Microsoft がSnapdragon 810 搭載端末を開発中であることが正式に発表されています。

また、Sony Mobile は Xperia シリーズにおいて、Microsoft は Lumia シリーズにおいて、Snapdragon 810 が採用されることも発表されました。

OPPO は恐らく現在開発中と噂されている OPPO Find 9 にSnapdragon 810 が採用されると思われますが、Motorola に関しては今のところ不明です。

 

Snapdragon 810 は、下り最大速度 450Mbps となる LTE Cat.9 通信モデムや、4Kディスプレイをサポートする Adreno430 GPU が採用されています。

ARM A57 CPU(Quad-core 2.0MHz) とARM A53(Quad-core 1.5MHz) で構成された Octa-core プロセッサーで、64bit 対応です。

キャリアアグリゲーション・VoLTE・Dua-Standby が可能な Dual-SIM などにも対応します。

Wi-Fi 通信から LTE 通信へのシームレスな切り替えも可能となるとされています。

 

Snapdragon 810 搭載端末の第一弾としては、1 月末より韓国でLG G Flex 2 が発売されていますが、3 月 2 日よりバルセロナで行われる MWC 2015 においても様々なメーカーが搭載端末を発表するでしょう。

特に、一部でSnapdragon 805 を搭載すると噂されていた Xperia シリーズに関しても、Snapdragon 810 搭載 Xperia を開発中ということで、Xperia Z3 からの大きなスペックアップが期待できますね。

 

HTC のことに何も触れられていなかったので、HTC One M9 シリーズに関して他社製の CPU が搭載されるのかもしれません。

 

Source:Qualcomm

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください