Sony Mobileは今のところ2Kディスプレイ搭載スマートフォンを投入する計画はないらしい

Sony Mobile が、今のところ WQHD 解像の 2K ディスプレイ搭載スマートフォンを投入する計画がないことを、台湾のメディア Focus Taiwan が報じました。

Focus Taiwan によると、Sony Mobile 台湾のゼネラルマネジャーJonathan Lin 氏の発言として、現在も社内で2K ディスプレイスマートフォン投入の議論は保持されているとしつつも、現行では、1,920 × 1,080 ピクセル Full HD 解像度ディスプレイの画像処理技術が進んでいるため、今のところは 5 ~ 5.5 インチディスプレイ搭載スマートフォンに 2K ディスプレイを採用する計画はないとのことです。

2K ディスプレイは問題点はやはりバッテリー消費で、そこがクリアにならない限りはSony Mobile がスマートフォンに対して 2K ディスプレイを採用することはないのでしょう。

Sony Mobile は、3 月のMWC 2015 で発表し、6 月から販売が開始される 10.1 インチタブレット「Xperia Z4 Tablet」に対しては2,560 × 1,600 ピクセルWQXGA 解像度のディスプレイを唯一採用しています。

ただし、9 月に行われる IFA 2015 ではまだ2K ディスプレイ搭載 Xperia が発表されないことが予想されます。

Source:Focus Taiwan

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください