“Google I/O 2015” Androidデバイスを利用した新しい決済システム「Android Pay」を発表

Google は、本日サンフランシスコで開催されている開発者向けイベント Google I/O 2015 にて、Android を利用した新しい決済サービス「Android Pay」を発表しました。

「Android Pay」は実店舗では NFC を利用した決済サービスとなりますが、オンラインショッピングでも利用が可能です。

Google が提供している決済サービス Google Wallet を利用した決済サービスをなるため、Google Wallet に登録したクレジットカードやプリペイドカードを利用して決済する内容となります。

まずは全米で開始され、70 万店舗以上、1,000 以上の Android アプリで利用可能となります。

 

「Android Pay」を実店舗で利用する場合は、Android デバイスのロックを解除した状態で専用端末にタップするのみで、後は勝手に決済が完了し、決済情報が Android デバイスに表示される仕組みです。

また、その店舗が「Android Pay」を利用した割引クーポンなどを発行している場合、決済時にそのクーポンが勝手に適用され、値下げされた価格で購入することが可能となります。

Android Pay-1

オンラインショッピングでの決済では、決済時に「Android Pay」を選択するだけで、配送先や決済情報を追加で入力する必要がなくなります。

また、あらゆるオンラインショッピングに対応するようなプラットフォームが用意されているとしています。

 

「Android Pay」は決済時に、Google Wallet に登録されているクレジットカード情報などを送信するわけではなく、Google Wallet の仮想口座番号を利用して決済が行われるため、セキュリティ面でも安心な決済サービスです。

また、もし Android デバイスを紛失してしまった場合は Android デバイスマネージャから遠隔でロックをするかデータを初期化するだけで、データは守られるとしています。

 

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください