Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

OPPO Styleが「OPPO R7」北米モデルの予約を開始

中国メーカー OPPO の公式ネットショップ OPPO Style が、インターナショナルモデルに引き続き、北米モデルの予約を開始しました。

カラーはシルバーとゴールドの 2 色で、発売予定は 7 月初旬です。

北米モデルはインターナショナルモデルと同じく、iLike ブランドのオーバーイヤー型 Bluetooth ヘッドセット「iLike Speed Metal Bluetooth Headset」が無料で付いてくるキャンペーンも開催されています。

 

「OPPO R7」北米モデルはインターナショナルモデルと基本的なスペックは同じですが、対応するモバイルネットワークの周波数が異なります。

  • サイズ:143 × 71 × 6.3 mm
  • 質量:143 g
  • OS:Color OS 2.1(Android 4.4 ベース)
  • ディスプレイ:5 インチ(1,920 × 1,080)Full HD、AMOLED、Corning Gorilla Glass 3、約 1,600万色
  • CPU:Snapdragon 615 Octa-core 1.5GHz
  • GPU:Adreno 405
  • RAM:3GB
  • 内部ストレージ:16GB(microSD 対応)
  • リアカメラ:13MP、F/2.2
  • フロントカメラ:8MP、F/2.4
  • Wi-Fi:802.11 b / g / n
  • Bluetooth:4.0
  • バッテリー:2,320mAh
  • カラー:ゴールド、シルバー

北米モデルのモバイルネットワーク対応周波数は以下の通り。

  • 2G:GSM 850 /900 / 1,800 / 1,900 MHz
  • 3G:WCDMA850 / 900 / 1,700 / 1,900 / 2,100 MHz
  • 4G:LTE B1 / 3 / 4 / 7 / 17/20

ちなみに OPPO Style の「OPPO R7」北米モデル製品ページには、インターナショナルモデルの対応周波数が記載されていますのでご注意ください。

 

価格はインターナショナルモデルと同じく $399(約 51,500 円)で、この価格には配送料も含まれています。

北米モデルですが日本への発送にも対応していて、日本到着時の消費税を考慮した輸入総額は、約 55,000 円となります。

 

「OPPO R7」には他にも LTE 700MHz(Band 28)に対応した台湾モデルがあり、日本での使用を考慮するのであれば台湾モデルが一番良いと言えます。

  • 台湾モデル
    • 2G:GSM 850 /900 / 1,800 / 1,900 MHz
    • 3G:WCDMA850 / 900 / 1,900 / 2,100 MHz
    • 4G:LTE B1 / 3 / 7 / 8 / 28 / 40

 

Source:OPPO Style

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

泡盛コーヒー

沖縄コンビニ商品レビューサイト【泡盛コーヒー

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る