Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

「Intel inside San Diego form Orange」が届きました

Intel Atomプロセッサー搭載・San Diego form Orangeが届きました。

San Diego form Orangeの主なスペックは以下の通り。

  • Intel Atom Medfield Z2460 1.6Ghz シングルコア
  • 4.03インチ 1024×600 ディスプレイ
  • RAM 1GB
  • 内部ストレージ 16GB
  • 800 万画素カメラ
  • HSPA+21Mbps/WCDMA(850/900/1900/2100/Mhz) GSM(850/900/1800/1900/Mhz)
  • 123×63×9.9mm 117g
  • W-Fi b / g / n
  • Bluetooth 2.1
  • NFC対応
  • Android 2.3.7(Gingerbread)

まずは簡単に開封です。

見てわかるとおり端末を2回りくらい大きくした程度の箱なので、全体的に箱は小さいです。

端末の外観です。

端末上部。パワーボタンとイヤホンジャックがあります。

左側。micro USB端子かと思いきや、micro HDMI端子です。

下部。両サイドにスピーカーがあり真ん中にmicro USB端子があります。

右側。上部にボリュームボタン、下部にカメラボタン。そして真ん中の下よりに見えるのがSIMスロットです。

SIMスロットは専用ピンで開けるタイプ。

規格はmicro SIMです。

起動します。

まずはOrangeのロゴ。

そして、、、

きた!!Intel Inside!!!

UKのキャリア端末のくせに各国のローケールが入っていて、日本語ロケールも入っていました。

システム情報です。

そしてそして初期のベンチマークを測ってみました。

スコア3919。

結構高くないですか!?

今回はUKのキャリア品ということで簡単には取り寄せられず、ebay.co.ukで購入した商品を転送ユーロというUK・EU圏専用の転送業者を介して輸入いたしました。

転送料金は一律1980円ンにプラスして国際書留の送料がかかり、総額5,000円程度でした。

ちなみに端末代は£214≒26,500円で国内到着時の消費税が800円でしたので、San Diego form Orangeを手に入れるのにかかった総額は32,000円程度でした。

購入してから出荷・到着するまで。

  • 7月27日(金)に購入手続きをし7月30日(月)に転送ユーロさんに到着、7月31日に転送料金の支払を済ませました。
  • 8月6日に出荷連絡が来ました。
  • あとは以下の通り。

転送ユーロさんは担当の方ともスムーズにやり取りができとても安心できたのですが、とにかく出荷までに一週間も待たされたのにはガッカリでした。

特に個人輸入はスピードが命だと思っているので、いくら希少なUKの転送業者とはいえこの辺はユーザーの気持ちを察して欲しいですね。

金額的には他にない破格の安さだと思うので、そこは大満足です。

そんな入手にちょっと苦労したSan Diego form Orange、いろいろといじってみてまたレビューいたします。

あっ、ちなみにもちろんSIMロックは掛かっていますので、現在Unlock Codeを申請中です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

泡盛コーヒー

沖縄コンビニ商品レビューサイト【泡盛コーヒー

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る