Kewersバンパーを装着した「iPhone 6s」に背面保護フィルムを貼ってみたらとても良い感じになりました

先日手持ちの「iPhone 6s」に Kewers バンパーを装着したところ、想像を遥かに超えた質感に感動したので、裸状態となっている背面用に保護フィルムを調達して貼ってみました。

今回チョイスしたのは「ラスタバナナ iPhone6 / 6s 反射防止背面フィルム」です。

[amazonjs asin=”B00OYRUJ1U” locale=”JP” title=”ラスタバナナ iPhone6/6s 反射防止背面フィルム T561IP6A”]

なぜこの製品にしたのかというと、単に評価が高かったことと価格です。

1 コインで購入できる価格だったので即決でした。

「ラスタバナナ iPhone6 / 6s 反射防止背面フィルム」は一般的なディスプレイほどフィルムとな若干質感が違い、かなりペラペラした質感でした。

恐らく「iPhone 6s」の背面のザラザラした質感にフィットさせるにはこのくらいのペラペラ感がいいのでしょう。

あとは背面なのでそこまで質感にこだわる必要もないのかもしれません。

iPhone 6s-2

貼り方は通常の保護フィルムと同じで、位置決めシールを貼りつつ、背面の汚れもキレイに拭きとってからピタッと貼りました。

しかしその質感が思いの外よく、しかも保護フィルムを貼っていても違和感を感じないほどの仕上がりとなりました。

iPhone 6s-3

拡大すると若干フィルム感がでますが、通常利用では特に違和感がありません。

iPhone 6s-4

手持ちの「iPhone 6s」の前面にはガラスフィルムを貼っているので、前面、側面、背面共に、これでしっかりと保護することができるようになりました。

しかも全て「iPhone 6s」にしっかりとフィットしているので、まるで純正品のようです。

ちなみに「ラスタバナナ iPhone6 / 6s 反射防止背面フィルムは Kewers バンパーを装着したままでも貼ることができたので、かなり楽ちんでした。

Kewers バンパーをはじめ、側面を保護するバンパー類は基本的に、側面の保護はしっかりしていますが、背面に向かって突起したデザインでリアカメラなどをできるだけ保護するようになっている Kewers バンパーでさえも、背面への摩擦などは防ぐことができません。

そのため、やはりバンパーには今回のような背面用保護フィルム、もしくは背面用ガラスフィルムが必須となります。

個人的に「iPhone 6s」の背面用保護フィルムは初の試みだったのですが、運良く大成功に終わりました。

これで Kewers バンパーを装着したまま心置きなく「iPhone 6s」を使用することができるようになりました。

iPhone 6s-5

TPU ケースとはおさらばです。

Kewers バンパーのお買い求めは下記からどうぞ。

[amazonjs asin=”B013OQUZ6K” locale=”JP” title=”iPhone 6 / 6s用 Kewers ハイクオリティーバンパーケース(送料無料) (ゴールド) 並行輸入品”]

Jetstream SHOPKewers バンパーケース

Jetstream SHOP

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください