RazerのWindows 10搭載ウルトラブック「Razer Blade Stealth」UHD(4K)モデルがAmazon.comから直輸入可能に

米国のゲーミング PC メーカーRazer が CES 2016 で発表した Windows 10 搭載のウルトラブック「Razer Blade Stealth」の UHD(4K)モデルが米国の Amazon.com から直輸入可能となっています。

Amazon.com に出品しているのは Amazon ではなく、Coryell Solutions というマーケットプレイス店舗です。

価格は定価より $50 ~ 100 程度上乗せされていますが、米国の Razer 公式サイトから購入して転送業者経由で輸入するのとあまり変わらない価格で輸入することができます。

ちなみに「Razer Blade Stealth」UHD(4K)モデルの定価は、256GB モデルが $1,399.99、512GB モデルが $1,599.99 です。

 

Amazon.com の Coryell Solutions から日本直送手配で購入する場合は、別途送料が 7,000 ~ 8,000 円程度と、国内到着時に消費税分が加算されます。

概算の輸入総額は、256GB が 190,000 円程度、512GB が 225,000 円程度となると思います。

 

「Razer Blade Stealth」は第 6 世代の Core i7-6500U プロセッサ、8GB RAM にThunderbolt 3 対応の USB Type-C コネクタを搭載するなど、機能、性能共にかなりのハイスペック品です。

しかもディスプレイはタッチパネルに対応した UHD(4K)解像度の IGZO という、現在はあまりない仕様となっています。 ※Razer 直販サイトでは WHD(2K)モデルも販売されています

「Razer Blade Stealth」の最大の特徴は、グラフィックボードが今回より別売りの外付けユニット「Razer Core」に移った点で、「Razer Blade Stealth」単体ではオンボードの GPU となっています。

そのため「Razer Blade Stealth」でゲームなどをやるにはグラフィック性能が心もとないのですが、逆にゲーム以外の通常 PC 作業であれば十分力を発揮しますし、その分価格もスペックの割に低価格となっています。

 

私個人も輸入して使っていますが、ハイスペックな上にかなりカッコイイデザインで、キーボードもでかなり気に入っています。

米国品なので日本語環境にするには若干の知識がいりますが、そこまで難しくないので、気になっている方は是非。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください