【Google I/O 2016】ChromebookのAndroidアプリサポートを発表、年内中に提供開始

Google は米国の本社で行われた開発者向けイベント「Google I/O 2016」にて、同社の「Chrome OS」を搭載する PC「Chromebook」の Android アプリサポートを発表しました。

「Chromebook」の Android アプリサポートは年内中に開始される予定です。また実際には Google Play ストアが「Chromebook」に開放され、Android アプリを Google Play から Android にインストールするように、「Chromebook」で Android アプリをインストールできるようになります。

「Chromebook」での Android アプリの表示方法は 3 つの異なるサイズが用意されます。またアプリはマルチタスクで起動するため、バックグラウンドでのアプリ利用なども行えます。このほか「Chromebook」上の Android アプリは「Chromebook」のキーボードやタッチ操作、接続しているマウスなど、シームレスに利用することなどが可能です。

Google Play

このほか Google Play ストアで利用できる音楽、映画 & テレビ、書籍、ニューススタンドなど、Android で行うような操作感で「Chromebook」でも利用できるようになります。

 

「Chromebook」ではこれまで PC 本体にアプリをインストールするわけでばなく、Chrome ブラウザのクラウドにアプリやプラグインなどをインストールして利用できる、WEB アプリとなっていました。

Android アプリサポートが行われるということは、PC 本体にアプリをインストールするということになります。

 

Source:Google

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください