Jetstream BLOG

HTC Jetstreamに惚れて

メニュー

LINE、MVNOサービス「LINEモバイル」を正式発表、LINEのトークと通話を使い放題で500円から


LINE は 9 月 5 日、同社初の MVNO サービス「LINE モバイル」を正式発表し、本日から提供を開始しました。まずは 20,000 契約の限定で開始され、10 月かた本格的にサービスが提供されます。

「LINE モバイル」は NTT ドコモの回線を利用したサービスです。

「LINE モバイル」の特徴はやはり同社の SNS サービス「LINE」の利用が使い放題となる点です。トークだけでなく LINE 通話も無料で、すべてのプランにおいてこの特徴が反映されています。 ※LINE LIVE は対象外

まず用意されるプランは大きく分けて 2 つで、LINE の使い放題を軸とした「LINE フリープラン」と、LINE だけでなく Twitter、Facebook も加えた 3 つの SNS が使い放題となる「コミュニケーションフリープラン」です。

「LINE フリープラン」はデータ通信用 SIM が月額 500 円から用意されていて、さらに 1GB のデータ通信容量も付属します。また SMS や音声通話オプションを追加することもでき、計 3 プランとなります。 ※すべて税抜き

  • LINE フリープラン
    • データ通信:500 円
    • データ通信 + SMS:620 円
    • データ通信 + 音声通話:1,200 円

このほか SMS を送受信できないデータ通信(500 円)プランでも、Facebook / SMS 認証なしに LINE アカウントを作成することが可能です。

 

「コミュニケーションフリープラン」も「LINE フリープラン」と違い、データ通信のみのプランは用意されておらず、SMS と音声通話オプションの 2 パターンのプランとなります。さらにデータ通信容量は 3 / 5  / 7 / 10 GB が用意されています。

LINE-1

「コミュニケーションフリープラン」では動画の視聴もデータ使用の対象外となりますが、LINE LIVE 機能をはじめとしたストリーミングサービスや Facebook メッセンジャーは対象外となるので注意してください。

余ったデータ容量の翌月繰り越しや 0.5GB / 500 円ごとのデータチャージ、音声通話プランの最低利用期間 12 か月などは、基本的な MVNO と同じように用意されています。

 

LINE は通常、年齢認証を行う際にキャリアのログインサービスを利用して認証を行う必要があるのですが、「LINE モバイル」でもその年齢認証を独自に行うことができ、ID 検索のブロックを解除することができます。

また月額利用料の 1% が毎月「LINE ポイント」として貯まり、「Line Pay」と共に支払いに充てることが可能です。このほかデジタルアーツ提供のフィルタリングサービス「i- フィルター」を無料で利用できることも特徴となっています。

「LINE モバイル」は SIM サービスと同時に SIM フリースマートフォン 8 機種の取り扱いも行われています。

 

Source:LINE モバイル



関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly


姉妹ブログ紹介


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

日別エントリー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る