Article headline Speakable markup example

Huawei Japan、国内向けハイスペックモデル「Huawei Mate 9」を発表、12月16日より発売

Huawei Japan は 12 月 13 日、国内向け Mate シリーズ第 3 弾の 5.9 インチのハイスペックモデル「Huawei Mate 9」を発表しました。12 月 16 日より発売されます。

「Huawei Mate 9」は「Huawei Ascend Mate7」「Huawei Mate 8」に続く第 3 弾です。今作ではこれまで一番進化を遂げた内容となっています。

まず「Huawei P9」と同じく Leica 製のダウルレンズを背面に搭載しているのですが、カメラセンサーは 1,200 万画素のカラーセンサーと 2,000 万画素のモノクロセンサーという構成になっていて、より陰影情報を読み取る仕様に進化しています。これにより、更に鮮やかな写真と取ることが可能となりました。

また像面位相差フォーカス、赤外線のレーザーオートフォーカス、デュアルカメラの視差を使って被写体までの距離を測るデプスフォーカス、コントラストを検出してピントを合わせるコントラストフォーカスの、「4 in 1 ハイブリッドオートフォーカス」による精度の高いフォーカス機能も搭載。このほか動画撮影機能では光学手振れ補正機能を搭載しています。

プロセッサには Kirin 960 プロセッサを採用し、OS も初期で Android 7.0 + EMUI 5.0を搭載。このほかに、常にシステムパフォーマンスを改善し最適化し続ける学習アルゴリズムと、ファイルの断片化を解消するファイルシステムによって、レスポンスの向上だけでなく、レスポンスの低下も軽減してくれます。つまり初期のレスポンスが低下していない状態で利用できるということです。

このほか 4,000mAh バッテリーは約 2 日間のロングライフバッテリーと、20 分の充電で約 1 日文のバッテリー容量を充電できる急速充電にも対応します。

本体はメタルボディに多面カットされたサイドフレーム、そして 2.5D ディスプレイと、高級感がありつつ手に馴染むデザインです。背面にはもちろん指紋認証センサーも搭載します。

そしてこの仕様で、価格はなんと60,800 円(税抜き)です。このクラスのスマートフォンとしてはかなり安価となります。

主要スペック
  • OS:Android 7.0 withEMUI 5.0
  • サイズ:156.9 × 78.9 × 7.9 mm
  • 重量:190g
  • ディスプレイ:5.9 インチ(1,920 × 1,080)Full HD、IPS
  • プロセッサ:Kirin 960 Octa-core 2.4GHz
  • RAM:4 GB
  • 内部ストレージ:64GB
  • リアカメラ:2,000 万画素カラー + 1,200 万画素モノクロ、f/2.2、4 in 1 ハイブリッドオートフォーカス
  • フロントカメラ:800 万画素
  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:4.2
  • バッテリー:4,000mAh
  • カラー:シャンパンゴールド、ムーンライトシルバー
  • モバイルネットワーク
    • 2G:GSM クワッドバンド
    • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19、CDMA2000 B0、TD-SCDMA B34 / 39
    • 4G:FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29、TD-LTE B38 / 39 / 40 / 41
    • CA
      • 2CA:B1 + 19、B3 + 19、B1 + 8
      • 3CA:B1 + 3 + 8

VIP サービス

Huawei は更に VIP サービスとして、「Huawei Mate 9」購入から 90 日以内の画面破損は、1 回に限り無償にて修理にも対応してくれます。

「Huawei Mate 9」は Huawei Japan 公式のオンラインストアや全国の家電量販店のほか、イオンモバイル、エキサイトモバイル、楽天モバイル、DMM mobile などの MVNO でも販売されます。

Source:Huawei

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。