フランスのベンチャーメーカーWikoが日本に進出、第1弾スマートフォン「Tommy」を2月25日に発売

フランスのベンチャーメーカー Wiko の日本法人 Wiko Japan は 2 月 14 日、日本進出第 1 弾スマートフォン「Tommy」を 2 月 25 日に発売すると発表しました。シネックスインフォテックスが代理店を務めます。

「Tommy」は 5 インチ HD ディスプレイ、Snapdragon 212 Quad-core プロセッサ、2GB RAM という構成の低スペックスマートフォンです。しかし FOMA プラスエリアや VoLTE に対応するなど、日本向けにローカライズされています。

主要スペック

OS Android 6.0
サイズ 146 × 71.5 × 8.8 mm
重量 165g
ディスプレイ 5.0 インチ(1,280 × 720)HD、IPS
プロセッサ Snapdragon 212 Quad-core 1.3GHz
RAM 2GB
内部ストレージ 16GB、microSD スロット搭載
リアカメラ 800 万画素
フロントカメラ 500 万画素
Wi-Fi 802.11b / g / n
Bluetooth 4.1
バッテリー 2,500mAh
その他 デュアル SIM
カラーバリエーション トゥルー:ブラック、フラッシー・レッド、クール・グレイ、ブリーン、サン・イエロー、ホットピンク
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA 800U / 2,100 MHz
  • 4G:FDD-LTE 800U / 800L / 900 / 1,800 / 2,100 MHz

「Tommy」は低スペックスマートフォンですが、その価格も 14,800 円 + 税と超低価格です。また 6 色展開となることも特徴的。まずはブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラックの 3 色が発売され、残りの 3 色は順次展開されます。

機能面では特にこれといって特徴はないスマートフォンです。ただ低価格となる点と VoLTE に対応する点はポイントかと思います。SIM フリースマートフォン入門用としては良いでしょう。また Wiko の国内第 1 弾となる点では注目の 1 台となるかと思います。

Source:Wiko Japan

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください