Jetstream BLOG

HTC Jetstreamに惚れて

メニュー

【更新】インドネシアメーカーBB Merah Putihが「BlackBerry Aurora」を発表、初のデュアルSIMでAndroid 7.0を搭載

先日から急速に流出情報が出始めた「BlackBerry Aurora(BBC100-x)」ですが、その製造と現地での販売を担当するインドネシアのメーカー BB Merah Putih が製品の公式プロダクトページを公開しました。

「BlackBerry Aurora」は「BlackBerry Z3」「BlackBerry Leap」などと同じ立ち位置となる新興国向けの BlackBerry ブランドスマートフォンです。主要スペックはフルタッチ仕様の 5.5 インチ(1,280 × 720)HD ディスプレイ、Snapdragon 425 プロセッサ、4GB RAM、1,300 万画素リアカメラなど、全体的にはミドルスペックとなっていますが、BlackBerry ブランドとしては初のデュアル SIM 対応となる点が特徴。OS は Android 7.0 搭載を搭載します。

このほか、Alcatel ブランドではありませんが端末右側面中央に、機能を割り当てることができる “便利キー(Convenience Key)” も搭載しています。これ何気に便利なんですよね。

カラーバリエーションは “Gold” “Silver” “Black” の 3 色です。BlackBerry で “Gold” はなかなか珍しいですね。背面がメッシュっぽい仕様となっていることも特徴。

主要スペック

OSAndroid 7.0
サイズ152 × 76,8 × 8,55 mm
重量178g
ディスプレイ5.5 インチ(1,280 × 720)HD、AMOLED
プロセッサSnapdragon 425 MSM8917 Quad-core 1.4GHz
RAM4GB
内部ストレージ32GB、microSD スロット搭載
リアカメラ1,300 万画素
フロントカメラ800 万画素
バッテリー3,000mAh
その他microUSB、デュアル SIM、便利キー
カラーバリエーションGold、Silver、Black
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM 900 / 1,800 MHz
  • 3G:WCDMA 850 / 900 / 2,100 MHz
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 26
    • TD-LTE B40

「BlackBerry Aurora」の詳しい販売スケジュールや型番、そして価格と投入国などは発表されていませんが、少なくともインドネシアで販売されることは間違いなさそうです。

また「BlackBerry Aurora」は BlackBerry 端末でほぼ維持されてきた FOMA プラスエリアへの対応がなくなってしまった模様です。

 

更新

現地ではすでに 3 月 16 日発売予定として “Black” の予約が開始されている模様です。価格は 3,499,000IDR(インドネシアルピー)で、日本円に換算に換算すると約 30,000 円程度となります。かなり安いですね。

「BlackBerry Aurora」は BB Merah Putih が製造、販売する初の BlackBerry スマートフォンとなります。これは欲しいですね。ただし今のところモバイルネットワークの対応周波数は不明です。

Source:BB Merah Putih


関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly

姉妹ブログ紹介


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

日別エントリー

2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
ページ上部へ戻る