【BlackBerry Aurora 入手への道:その 1】お買い物代行に依頼して見積もり到着

インドネシアで販売されている「BlackBerry Aurora」が欲しい!!ということで入手するまでの道のりを今回のレポートから随時お送りさせていただこうと思います。もしかしたら入手できないかもしれないけど。

「BlackBerry Aurora」は、当ブログでも何度も紹介させていただいているのでご存知の方も多いかと思いますが、インドネシア現地のメーカーBB Merah Putih が BlackBerry ブランドとして製造、販売をしているスマートフォンです。現地では 3 月 16 日から販売されています。

この「BlackBerry Aurora」の特徴は BlackBerry 初のデュアル SIM となる点です。一応4G + 3G の「DSDS」対応なので日本でもその構成で運用ができる可能性があります。個人的にはあまりそこは期待していませんが、やはり希少価値の高いスマートフォンとなるので是非入手したいところなんですよね。

BlackBerry は 3 月 9 日、インドネシア向けの Android スマートフォン「BlackBerry Aurora」を改めて発...
BlackBerry、インドネシア向けのAndroidスマートフォン「BlackBerry Aurora」を改... - Jetstream BLOG

メッセンジャーアプリの利用率

ちなみにインドネシアで一番使われているメッセンジャーアプリって知ってますか?日本では恐らく「LINE」ですが、インドネシアではなんと「BBM」が一番利用されているんですよ。理由は知らないですけど。でも驚きですよね。そういったこともあって「BlackBerry Aurora」がインドネシアで販売されたのかもしれません。

インドネシアの現地のお買い物代行

「BlackBerry Aurora」はBB Merah Putih の公式サイトを通して販売されています。日本直送には対応していません。

私は普段、現地の地域にしか発送が許可されていない商品を購入する場合に転送業者を利用するのですが、今回は言語がまったくわからないインドネシアということもあり、鼻からお買い物代行に依頼するつもりでいました。

しかしインドネシアということもあるためかメインの業務としてインドネシアのお買い物代行を行っている企業などはない模様。そのかわり個人による現地商品のお買い物代行は多数発見できました。私はその中でもブログでインドネシアのお買い物代業行関連記事を発信している、とある個人様に狙いをつけて見積もり依頼のメールを送信しました。(実際に発送されたら公開します)

そして本日見積もり内容の返信がきました。

見積もり金額

「BlackBerry Aurora」は現地では本体価格3,499,000IDR(インドネシアルピー)≒ 30,000 円程度で販売されています。なので手数料や送料を含めても 40,000 ~ 45,000 円で購入できるというのが見積もり前の私の試算です。

そして送られてきた見積もり金額は以下の通り。

  • 本体代金 + 現地送料 + お買物代行手数料(15%):38,000 円
  • 日本への送料(EMS):3,700 円
  • 総額:41,700 円

実際にはこのほかに国内到着時の消費税が加算されます。課せられうる最大の消費税を考慮した場合、輸入総額はギリギリ 45,000 円となる感じ。まぁこんなもんでしょう。ちなみにもちろん為替によって総額は変動するので、別のタイミングで依頼したときもこの総額となるとは限りませんのあしからず。


今のところこの総額を了承する旨の返信をしたところで止まっているので、これから実際に支払いを行ったり現地で手配してもらった到着後に転送してもらったりなどの流れとなります。早ければ 4 月の上旬に入手できる目論見です。

4 月 7 日から東京に行くので、その時までに到着していればいいのですが。。。続報はまた改めて。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

「【BlackBerry Aurora 入手への道:その 1】お買い物代行に依頼して見積もり到着」への1件のフィードバック

  1. 初のインドネシア訪問を兼ねて、私は夏に現地購入を検討しています。

    レポートの続報が楽しみです。
    私はドコモ(FOMA)の利用可否が気になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください