Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

沖縄料理は絶望的にマズイ?流石に記者の舌を疑う【コラム】

こんにちは、Jetstream BLOG 管理人兼ライターの 石井順 です。

先日、『沖縄料理が絶望的にマズイ』という記事を書いた雑誌「実話 BUNKA 超タブー」を批判したツイートが話題となりました。既に元ネタ、というかそのツイートを行った人のアカウント自体が消えているのでその内容をご紹介できないのですが、検索すればすぐに出てくるので探すのはそこまで難しくないかと思います。

また「ロケットニュース 24」もこの件を取り上げていますね。

普段、当ブログでは沖縄の良いところを紹介する反面、現地民の民度などに関してはいろいろと指摘させていただいています。そういうこともあって、今回も私の出番かなと(勝手に)思い書かせていただきます。

絶望的にマズくなんかない

沖縄に移住して 2 年半、私もいろいろと食べ歩くことがあります。沖縄の食堂、移住者が運営しているレストランやカフェ、内地や海外で修行して沖縄に戻ってきてお店を開店している人、などなど、沖縄料理のお店と言ってもそれはもうたくさん種類があります。

そんな中で私が “絶望的にマズイ” と思ったのはたった 1 軒のお店だけです。(あとでご紹介します)

そもそも「実話 BUNKA 超タブー」のその記事自体、沖縄に対してメチャクチャ悪意がある感じで書いてあってある意味ネタ記事とも受け取れるので、真に受けるほどの内容でもないし、そもそもしょーもないことばっか書いている雑誌なので、そんなのに反論したところでなんの意味もありません。

それに 料理名を指してマズイというのは間違っていますよね。例えば沖縄そばにしたって、お店によって味は全然違いますから。ラーメンと一緒。

なので私がこの 2 年半で食べてきたものを振り返りながらお送りしたいと思います。

ただこの時点でも確実に言えるのは、沖縄料理が絶望的にマズくなんかないということ。

沖縄料理といえば?

沖縄料理といえば、ソーキそば、ゴーヤーチャンプルー、ニンジンシリシリ、などなど、いろいろと挙がるかと思います。一方でタコス、タコライスなんかも、本来の沖縄料理ではありませんが現地ではなじみ深い料理です。

タコライスはタコスに挟む “タコミート” をご飯に乗せて出された料理で、私が現在住んでいる国頭郡金武町にある「キングタコス」1 号店が発祥。

このほかにも豚ガラを食べる「骨汁」や、豚足を使った料理などいろいろあります。沖縄料理といってもそりゃまーたくさんです。

骨汁

ちなみに、沖縄料理で利用されるゴーヤー(苦瓜)、ミミガー(豚の耳)、ナーベーラー(へちま)などは、当然のごとく料理ではなくあくまでも現地で古くから使われている食材です。これに対して上手い / マズイというのは違うと思いますし、日本全国その土地ならでは食材はどこにでもあるので、食材を指して上手い / マズイというのは私はやめておきます。

例えば、パクチーが上手いかマズイかなんて、そりゃあんたの好みの問題でしょ、ってな感じ。

ちなみにゴーヤーが苦いから苦手という方は少なくないかと思いますが、下ごしらえや調理の仕方によって 180 度変わります。

私が感じる沖縄料理の特徴

私が感じる沖縄料理の特徴は、味が濃い、脂分が多い(ラードなど)、量が多い、です。ここでは現地の一般的な食堂などで出される料理を指しています。

内地で育った私としては、正直沖縄料理はあまり口に合いません。だからと言って食べられないかというとそういうことではないですが、食べていて “もういいかな” と思うことが多い感じ。

下の写真の料理は豚の血を使った炒め物「チーイリチャー」。レバーっぽくもあり、レバーとは違う独特感もあり。一応完食はしましたが、二度と食べないと思いました。

「チーイリチャー」ももちろん、お店によってその完成度は異なります。上の写真の「チーイリチャー」は現地の友達が『絶対に美味しいから食べてみて!』とオススメしてきた食堂のメニューです。

結果は上で述べた通り。

しかしこれが私が唯一 “絶望的にマズイ” と思った沖縄の料理ではありません。(もうちょっと後で紹介しますね)

このほかにも、沖縄料理の中で特にクセのあるものとして、ヤギを使った料理があります。「ヒージャー汁(ヤギ汁)」や「ヤギ刺し(ヤギの刺身)」など。

ヤギ料理は現地の人でも好き嫌いが真っ二つに分かれます。私の現地出身の知り合いの中でヤギ料理が好きな方はほぼいません。私の周りの現地民はヤギ料理と聞くと顔をしかめる人ばかりです。

しかし、内地からの移住者は結構ヤギ料理が好きな方が多かったりします。そして何を隠そう、私自身もヤギ料理大好きです。沖縄に来て好きになりました。

ヤギ料理は一般的に “臭い” と言われます。私自身、移住してきて初めてヤギ料理を食べたのですが、特に何の違和感なく食べることができました。臭いなんて感じなかったですね。

私が特に好きなのは宜野座村にある「屋嘉そば」という沖縄そばのお店の「ヤギそば」です。突然食べたくなって車に飛び乗って食べに行ってしまうくらい。いつも出されたらすぐに食べてしまうので写真も撮りません(笑)

他にも何軒かのお店で「ヤギそば」を食べましたが、「屋嘉そば」を超えるものにはまだ出会っていません。

更に余談ですけど、現地ではヤギ料理にヤギの臭みを消すための「フーチバー(よもぎ)」がトッピングされますが、私は逆に邪道な感じがするしそもそものヤギの肉の味が損なわれるので “フーチバーなしで” と注文します。

絶望的にマズくなんかない(2 回目)

ちょっと話が脱線してしまいましたが、特徴的な沖縄料理ではあるものの、絶望的にマズくなんかないです。

美味しいものは非常に美味しいし、クセが強い物もあれば、全然クセがないものもあります。口に合う / 合わないはもちろんあるでしょうが、それは人それぞれの好みの問題。

それを、まるで筆者の舌が絶対的のように『沖縄料理が絶望的にマズイ』と決めつけて、そして記事にした「実話 BUNKA 超タブー」の罪は重いと思います。

流石にその記事を書いた人の舌を疑いますね。毎日カップラーメンで過ごしているのでは?

唯一の絶望

ただ、そんな沖縄でも 1 軒だけ、私が “絶望的にマズイ” と思った店があります。

ではご覧ください。とある現地のお店でラーメンを注文したら出てきたのがこれです。

間違っても私がわざと麺に汁を吸わせてその後に撮った、なんてもんではありません。出てきてすぐの状態がこれです。

ラーメン感が出てるのは器くらい。そしてこれで 500 円取られました。

流石にこれは “絶望的にマズイ” と思いましたね。むしろ、絶望的に “ヤバイ”。

こんなお店が、私の前住んでいたうるま市の家の近くにありました。紹介したいところですが、オープンしてたった 2 カ月で潰れました。なのでもうないです。

運営していたのは定年退職をしたオジー 1 人だけで、年金暮らしで暇だからってことでお店をやろうとしたそうです。いちいち突っ込みどころが多すぎて、もう…、そりゃ潰れますよね。

もし「実話 BUNKA 超タブー」の記者が沖縄に来て初めてこれを食べて、そして『沖縄料理が絶望的にマズイ』と言ったのであれば、私は許します。

ちょっとブレイク

ちょっと長くなりそうなのでここいらでブレイクを。私が沖縄で食べた食事を写真でご紹介します。

もちろんこれらはほんの一部です。

こうやってみると、沖縄っぽい食事があんまりないですね(笑)

実際オシャレなカフェとかも多いので、どちらかというとそっちを選んでいまっているのかもしれません。

これにてブレイク終了。

私が感じる沖縄のお店

沖縄といえば全国一の観光地なので様々な観光雑誌や観光サイトがあります。そこではいろんな沖縄の有名店が紹介されていますよね。

でも、だいたいそういうところで紹介されているところは、単に立地が良くて客(観光客)が入るだけか、オーナーのマネー的な利権で紹介されているかのどちらかです。そしてだいたいそういうところって那覇か恩納村。

私らしく極端に言えば、那覇に美味しいお店なんてないし、恩納村の、特にホテルが密集している地域の中で美味しいお店なんてありません。

沖縄に移住してきてカフェを営んげいる GOZZA の店主の飲食関係ネットワークによれば、恩納村の店のクォリティーは沖縄県内ワーストだそうです。それでも客が入るし単価もメチャクチャ高くできるので、店構えだけは立派なところが多いんです。

でも別に美味しくなんてないですよ。古くからある沖縄料理を無駄にアレンジしてカッコ悪くオシャレに仕上げてしまっているところや、そもそものレストランとしての質が低いところとか。

例えばムーンビーチの近くにある「沖縄と■かつ食堂し●ぶた屋」なんかは、茶髪のちゃらちゃらした男性が店長で料理中は私語が多いし、そもそもスタッフが客より多いくせにまったくオペレーションが回せていないし。そんなところが感動的な食事を提供できるわけありませんよね。

実際高い割にまったく美味しくないです。そして周りもそんな店舗ばかり。

本当に美味しい店は立地など関係なく、また雑誌掲載なども関係なく、口コミで広がって人気が出ています。メジャーどころが紹介しているお店はハズレばっかりな印象です。

沖縄食堂の問題

またちょっと話はそれますが、沖縄の食堂って味以外に大きな問題があります。それは接客です。

まず声が小さい。そして不愛想。接客態度が悪い。悪すぎる。

内地の方からしてみたら、こんなんで接客してるなんて鼻で笑ってしまうレベルです。とにかく絶望的に接客態度が悪い。最悪。

前に注文聞かれて「はい」とか「かしこまりました」とか言わずにただ頷かれただけの時は、テーブルひっくり返して出て行ってやろうかと思いました。そのお店はテビチ料理が美味しいと有名な沖縄北部の食堂です。

日々それなりにお客さんでにぎわっているお店でもその程度のレベル。土地柄客は現地民ばかりですが。

このほかにもコンビニやスーパーのレジが超絶のろまだったり、効率が悪かったり。そのほかにもいろいろ。

まぁそれもこれも沖縄の(悪しき)文化なんですけどね。

もしかしたら「実話 BUNKA 超タブー」の記者もこういった沖縄の悪しき文化に触れてしまったせいで沖縄に対して悪いイメージを持ち、その体で記事を書いたのかもしれません。

手っ取り早く美味しいお店は?

ではそんな中でどうやって美味しいお店を探せばいいのでしょう?

私が思う沖縄で手っ取り早く美味しいお店を見つける方法は、内地からの移住者が営んでいるお店を探すことです。営業年数が長ければ長いほどアタリ。

これまで他のコラム記事でもいろいろ紹介させていただいていますが、現地で生まれて現地で育った人はそれなりの民度なのでそういった人が運営する沖縄のお店は想像通りのレベルかと思います。県外に出て修行してきたというなら別ですけど。

本来の沖縄料理が食べたい場合はこの方法は当てはまりませんが、沖縄に旅行に来て右も左もわからない中で美味しいお店に行きたい場合は、移住者が営んでいるお店を探してみてください。

移住者は現地の方よりも沖縄の良さを分かっているし、沖縄の気候とその中で育つ食材に価値を見出しています。そしてその食材を最大限に美味しく調理して提供することに情熱を費やしています。

なのでほぼハズレはありません。

逆に料理は沖縄っぽくないけど沖縄の食材をうまく使っていて、そして実際食べても美味しいお店は、だいたい移住者が営んでいます。

私のこの法則、結構当たります。

そもそも、県外からお旅行者は内地の味に慣れ親しんでいるわけで、味が濃くて脂分が多い沖縄料理よりも、内地出身の方が作る料理の方が口に合いやすいのはごく当たり前のことでしょう。

最後に

「実話 BUNKA 超タブー」の『沖縄料理が絶望的にマズイ』という記事に対しては擁護できる部分が何一つないので私は真っ向から批判させていただきますが、別の部分で沖縄料理を提供する店に問題があることは事実。

それもこれも全部含めて沖縄の文化ということも事実です。

私は私のスタンスを崩すつもりもないですし、沖縄を見限って内地に戻るつもりも今のところはありません。

でも沖縄の文化がこのままでいいのか、はたまた私のスタンスがこのままでいいのかは、それぞれがじっくり考えて答えを出し、そして行動に移す必要があるとは思っています。

本当はこういった話は、現地の人や移住者を複数人交えてじっくり行いたいんですけどね。いかんせん私は今、独りぼっちなもので。

では。

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

モバイルスケジュール

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

泡盛コーヒー

沖縄コンビニ商品レビューサイト【泡盛コーヒー

ページ上部へ戻る