手持ちの一部Androidで「Google Play プロテクト」が利用できるようになった【レポート】

Google が 7 月下旬より Android 向けに提供開始を発表した「Google Play プロテクト」が、私の手持ちの一部の Android でも利用できるようになりました。

「Google Play プロテクト」

「Google Play プロテクト」は Android を有害なアプリから守ってくれるアプリスキャン機能や、“端末を探す(Find My Device)” 機能による Android の紛失や盗難時の位置追跡やデータ消去機能、「Chrome」のセーフブラウジング機能など、Android セキュリティ機能の総称です。

Price: Free

「Find My Device」機能やアプリ、「Chrome」のセーフブラウジング機能は以前より提供されていて既に利用することができますが、新たにアプリスキャン機能が「Google Play ストア」アプリに追加されたこともあり、「Google Play プロテクト」という総称でくくられるようになりました。

アプリスキャン機能

アプリスキャン機能は、Android 端末に新規インストールするアプリや、インストールしているアプリをスキャンし、万が一ウィルスに感染していたり個人情報を勝手に外部に送信するなどの有害なアプリがあった場合に、ユーザーに警告してくれたり、自動で削除してくれる機能です。

このアプリスキャン機能は「Google Play ストア」アプリの “アプリ & ゲーム” 内にある “アップデート”タブに実装されます。

アプリスキャン機能の利用条件は「Google Mobile Services」v11 以降で、自動アップデートにて順次利用できるようになります。

ちなみに私手持ちの Android では「KEYone(BBB100-3)」では利用可能となったものの、「KEYone(BBB100-1)」ではまだ利用できるようになっていません。

またアプリスキャン機能が利用可能となった状態で “Play プロテクト” 部分をタッチすると、スキャン状況やアプリスキャン機能の OFF 設定などを行うことができる設定ページも表示されます。

またこのアプリスキャン機能の設定は、「Google Play ストア」アプリメニュー項目にも格納されています。

アプリスキャン機能はこれまで、サードパティー製のセキュリティアプリに実装されていた機能ですが、今後はそれがなくても「Google Play ストア」アプリ上で行うことができるようになるわけです。

サードパティー製セキュリティアプリの開発メーカーにとっては大打撃ですが、ユーザーにとっては手間も省けるので良いですね。

もしかしたらお持ちの Android でも「Google Play プロテクト」のアプリスキャン機能が利用できるようになっているかもしれないので、是非確認してみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

人気記事ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください