Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

Samsung、新型ウェアラブル「Gear Sport」「Gear Fit2 Pro」「Gear IconX(2018)」を発表【IFA 2017】

Samsung は現地時間 8 月 30 日、ドイツ・ベルリンで開催されている世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショーIFA 2017 のプレスカンファレンスにおいて、新型ウェアラブル 3 機種を発表しました。

発表されたのはスマートウォッチの「Gear Sport」、フィットネストラッカー「Gear Fit2 Pro」、Bluetooth イヤホン「Gear IconX(2018)」です。

「Gear Sport」と「Gear Fit2 Pro」はスポーツの中でも特にスイミングトレーニングに特化した仕様で、Samsung の新たなフィットネスプラットフォーム「Speedo On」をサポートしています。

またもちろん「Samsung Health」との互換性もあるので、スイミングトレーニング以外の利用も可能です。

「Gear Sport」

「Gear Sport」は円形スマートウォッチ型のウェアラブルです。

本体には心拍センサーと搭載し、1.2 インチ(360 × 360)Super AMOLED ディスプレイ、Dual-core1.0GHz プロセッサ、768MB RAM、4GB 内部ストレージを搭載し、OS には Tizen OS を採用しています。

「Gear S3」シリーズと同じ回転式ベゼルに加え、右サイドに 2 つのファンクションボタンも搭載。

そして「Gear Sport」は上で説明させていただいた通り、スイミングトレーニングプラットフォーム「Speedo On」対応で、本体プリインストールされている専用アプリ「Speedo on swim tracking」を使用して、ラップカウント、ラップタイム、ストロークタイプなどの主要なスイミングトレーニングのログを取得し、各計測を行うことができるようになっています。

もちろんサイクリングやランニングなどの通常のアクティビティトラッカーとしても利用が可能で、ウォーキングなどのアクティビティや睡眠ログの自動検出機能も実装しています。

「Gear Sport」はスイミングトレーニングに対応するため、5 気圧防水に当然対応です。更にMIL-STD-810G にも準拠し、軍事レベルの耐久性も兼ね備えています。

バンドサイズは 20mm で、サードパティー製バンドと交換交換することも可能です。

このほか Under Armour やSpotify とのパートナーシップによる、Under Armour 製アプリとの互換性、Spotify のオフラインモード利用もサポートされています。

「Gear Sport」はフィットネス関連の機能面以外に、Samsung 製 IoT 機器の制御、「Gear VR」のリモコン機能、そして NFC を使用した「Samsung Pay」まで利用可能です。

「Gear Sport」をペアリングして利用できるのは、Android 4.3 以降を搭載する Galaxy のほか、Android 4.4 以降を搭載する機種、そして iOS 9 以降を搭載する iPhone です。

カラーバリエーションは “ブラック” と “ブルー” の 2 色展開となります。

主要スペック

OS
Tizen
サイズ
42.9 × 44.6 ×11.6 mm、バンド幅 20mm
重量
50g(バンド含まず)
ディスプレイ
1.2 インチ(360 × 360)、SuperAMOLED 、GorillaGlass 3
プロセッサ
Dual-core 1.0GHz
RAM
768MB
内部ストレージ
4GB
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
300mAh、ワイヤレスチャージング
その他
NFC、心拍センサー、5 気圧防水、MIL-STD-810G
カラー
ブラック、ブルー

「Gear Fit2 Pro」

「Gear Fit2 Pro」は前作「Gear Fit2」から新たにスイミングトレーニングプラットフォーム「Speedo On」をサポートした新モデルです。

基本的なデザインは前作から同じく 1.5 インチ(216 × 432)の Super AMOLED カーブディスプレイを搭載し、Dua-core 1.0GHz プロセッサ、512MB RAM、4GB 内部ストレージ、200mAh バッテリー、心拍センサーを搭載します。

アクティビティトラッカーやスイミングトラッカーとしては「Gear Sport」と同じですが、ワイヤレスチャージング、NFC、「Gear VR」のリモコン機能などを搭載しない点は異なります。

つまり多機能な「Gear Sport」から、アクティビティトラッカー機能に絞ったのが「Gear Fit2 Pro」です。

こちらもAndroid 4.3 以降を搭載する Galaxy のほか、Android 4.4 以降を搭載する機種、そして iOS 9 以降を搭載する iPhone で利用することが可能です。

カラーバリエーションは “ブラック” と “レッド” で、バンドの大きさが異なる S と L の 2 サイズが用意されます。

主要スペック

OS
Tizen
サイズ
  • コア:25.0 ×51.3 mm
  • バンドサイズ:125 ~ 165 mm(S)、158 ~ 205 mm(L)
重量
33 / 34 g
ディスプレイ
1.2 インチ(360 × 360)、SuperAMOLED 、GorillaGlass 3
プロセッサ
Dual-core 1.0GHz
RAM
512MB
内部ストレージ
4GB
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
200mAh、POGO Pin タイプ
その他
心拍センサー、5 気圧防水、MIL-STD-810G
カラー
ブラック、レッド

「Gear IconX(2018)」

「Gear IconX(2018)」は昨年発売された「Gear IconX」の後継モデルです。

基本的な仕様は前作「Gear IconX」と同じく、左右独立型の Bluetooth イヤホンとなりますが、新モデルでは新たに Samsung の音声アシスタント機能「Bixby」をサポートしている点が大きく異なる点です。

「Gear IconX(2018)」から「Bixby」を呼び出し、そのまま音声指示による操作を行うことができるようになっています。

本体に加速度センサーを搭載することはもちろん、タッチ式(静電)センサーによる操作も前作と同様に可能です。

イヤホン本体のバッテリーは 82mAh 搭載で、前作同様に本体に 4GB 内部ストレージも搭載し、楽曲を直接ダウンロードしてのスタンドアロン再生もサポートしています。

楽曲再生時の連続利用可能時間はスタンドアロンモードが最大 7 時間、Bluetooth モードが最大 5 時間で、Bluetooth ヘッドセットとしての連続通話可能時間は最大 4 時間です。

本体を充電するためのバッテリーケースは340mAh を搭載し、こちらは新たに USB Type-C コネクタを採用しました。

このほか本体装着時の音声ガイドがサポートしている言語は、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語、ロシア語、そして日本語です。

つまり「Gear IconX(2018)」は日本で発売される可能性があります。

カラーバリエーションは “ブラック” “グレー” “ピンク” の 3 色で、前作から “ブラック” のみを残し、他は一新されています。

「Gear IconX(2018)」は Android 4.4 以降と 1.5GB RAM 以降を搭載する機種で利用することができますが、「Bixby」は当然「Galaxy S8 / S8+」と「Galaxy Note8」でのみ利用可能です。

主要スペック

サイズ
  • イヤホン:18.9 × 21.8 × 22.8 mm
  • ケース:73.4 × 44.5 × 31.4 mm
重量
  • イヤホン:8.0g
  • ケース:54.5g
内部ストレージ
4GB
Bluetooth
4.2
バッテリー
  • イヤホン:82mAh
  • ケース:340mAh、USBType-C
その他
加速度センサー、タッチセンサー、Bixby
カラー
ブラック、グレー、ピンク

Source:Samsung

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る