Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

「Google ローカルガイド」でバリアフリー対応状況を投稿することが可能に

Google が 2017 年 9 月 6 日、「Google マップ」のコンテンツ投稿プログラム「Google ローカルガイド」に、バリアフリーの対応状況を投稿できる項目が追加されました。

これによりお店や施設のバリアフリー対応状況が投稿されていれば、事前調べてお店に訪れることができます。

またもちろん、「Google ローカルガイド」に参加されているユーザーはスポットのバリアフリー対応状況を投稿することが可能です。

「Google ローカルガイドプログラム」

「Google ローカルガイド」は「Google マップ」にスポットを追加したり、閉店した店舗の情報を更新したり、店舗の写真を投稿したりしてコンテンツを充実させていくことで、その行動に応じたポイントを獲得でき、そしてそのポイントに応じてレベルが上がっていく、ユーザー参加型のプログラムです。

ただ単に投稿すればいいわけではなく、事前に公式サイトから「Google ローカルガイド」への参加申し込みを行っておく必要があります。

「Google ローカルガイド」はこれまで、上限がレベル 5(500 ポイント)までとなっていたのですが、2017 年 6 月に倍のレベル 10 まで引き上げられました。

このほか「Google ローカルガイド」参加ユーザーは動画の投稿も行えるようになっています。

バリアフリー対応状況の投稿

バリアフリー対応状況の投稿は「Google マップ」を開き、メニューアイコンから “自分の投稿” → “付近の地図の改善” を左にスワイプして “不足している情報の提供” をタッチし、投稿するスポットを選択して各項目を埋めていきます。

バリアフリー対応状況の投稿はもちろん、ポイントの獲得にもつながります。

「Google ローカルガイド」としてのポイントを獲得しつつ、体の不自由な方への情報提供として、できる範囲でどんどん投稿を行っていきましょう。

Source:Google

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る