ドイツAmazonが「Xperia XZ1/XZ1 Compact」の予約を開始、9月30日入荷予定

ドイツの Amazon.de が、IFA 2017 で Sony Mobile から発表された新フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」の予約を開始しました。

ドイツ Amazon では 2017 年 9 月 30 日入荷予定に設定されています。

またラインアップされているカラーバリエーションは、「Xperia XZ1」が“ムーンリットブルー” “ブラック” “ウォームシルバー” の 3 色、「Xperia XZ1 Compact」が “ホワイトシルバー” “ブラック” “ホライゾンブルー” “トワイライトピンク” の 4 色です。

本体価格は「Xperia XZ1」が VAT 込 €599、「Xperia XZ1 Compact」が €699 です。そして日本直送にも対応しています。

Xperia XZ1
Xperia XZ1 Compact

「Xperia XZ1」

「Xperia XZ1」は「Xperia XZ / XZs」の後継モデルです。

デザイン面ではリアパネルからフレーム掛けてつなぎ目のないシームレスメタルボディーを採用し、全体的にはスクエア型となっているものの、手に当たる部分は丸み雄帯びて持ちやすい仕様となっています。

指紋センサー内蔵の電源ボタンやカメラボタン、そしてフロントステレオスピーカー(S-Force 対応)など、これまでのフラッグシップ同様に搭載している点は変わりません。

リアカメラ周りはこれまで流出した情報通り、デュアルカメラではなくシングルカメラ仕様で、LED フラッシュや各種センサー、NFC などが一体となったユニットを背面上部中央に搭載。

ディスプレイは5.2 インチフル HD ディスプレイですがこちらは HDR をサポートし、「Netfrix」や「Amazon プライムビデオ」などの HDR 動画再生もサポートしています。ディスプレイガラスはGorillaGlass 5 採用です。

主要スペックはSnapdragon 835 プロセッサと 4GB RAM と搭載し、「Xperia XZ Premium」で採用された超スローモーション撮影などが可能なカメラ技術「Motion Eye」を搭載すると共に、新たに被写体を立体的に撮影する「3D クリエイター」をサポートしています。

この「3D クリエイター」で立体的に撮影し取り込まれた被写体を利用して、オリジナルアバターの作成や AR エフェクトへの流用、ライブ壁紙への設定などを行うことできるようになります。

リアカメラでは動いている被写体に対してもオートフォーカスを維持しながら連射できる撮影機能「オートフォーカスバースト」も新搭載されます。

被写体の動きをや表情を予測して最適な瞬間を撮影できる「予測オートフォーカス」機能まで搭載。こちらは実際にどんなものなのかが気になるところです。

また、ハイレゾ音源再生だけでなく Bluetooth 接続時の高音質楽曲再生技術「LDAC」や「aptX HD」、そしてデジタルノイズキャンセリング機能など、従来通りオーディオ機能も兼ね備えています。

このほか IP68 レベルの防水防塵ももちろんサポートし、USB Type-C コネクタだけでなく、イヤホンジャックも廃止されずに搭載されています。

モバイルネットワーク通信では LTE Cat.16 のギガビット通信をサポートしている点も「Xperia XZ1」の特徴です。

「Xperia XZ1」は例のごとくシングル SIM モデルとデュアル SIM モデルが存在します。Amazon.de が取り扱うモデルがどちらかは明記されていませんが、恐らくシングル SIM と予想されます。

ちなみに英国の Amazon.co.uk で行われている「SBH24」のバンドルは、ドイツ Amazon.de では行われていません。

主要スペック

OS
Android 8.0 Oreo
サイズ
148 × 73 × 7.4 mm
重量
155g
ディスプレイ
5.2 インチ(1,920 × 1,080)フル HD、HDR、トルミナルディスプレイ、X-Reality for Mobile
プロセッサ
Snapdragon 835
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,900 万画素、F/2.0 G レンズ、1/2.3” Exmor RS、1.22μm、Motion Eye
フロントカメラ
1,300 万画素、F/2.0
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
2,700mAh、 Quick Charge 3.0
その他
USB Type-C(3.1)、デュアル SIMモデルあり、フロントステレオスピーカー、指紋センサー
カラー
ムーンリットブルー、ブラック、ウォームシルバー、ヴィーナスピンク
モバイルネットワーク
LTE Cat.16

「Xperia XZ1 Compact」

「Xperia XZ1 Compact」は昨年発表された「Xperia X Compact」の後継モデルです。

デザイン的に大きな変更はありませんが、「Xperia XZ1」と同じくリアパネルからフレーム掛けてつなぎ目のないシームレスメタルボディーを採用しています。

見た目の質感はプラスチップっぽい感じですが、実際は違う模様です。前作よりも高級感が増しています。

「Xperia XZ1 Compact」は 4.6 インチの HD ディスプレイを搭載します。しかしこちらは HDR 非サポートです。

主要スペックはSnapdragon 835 プロセッサと 4GB RAM と搭載し、「Xperia XZ Premium」で採用された超スローモーション撮影などが可能なカメラ技術「Motion Eye」を搭載すると共に、新たに被写体を立体的に撮影する「3D クリエイター」をサポートしています。

この「3D クリエイター」で立体的に撮影し取り込まれた被写体を利用して、オリジナルアバターの作成や AR エフェクトへの流用、ライブ壁紙への設定などを行うことできるようになります。

リアカメラでは動いている被写体に対してもオートフォーカスを維持しながら連射できる撮影機能「オートフォーカスバースト」も新搭載されます。

被写体の動きをや表情を予測して最適な瞬間を撮影できる「予測オートフォーカス」機能まで搭載。こちらは実際にどんなものなのかが気になるところです。

オーディオ機能などは「Xpiera XZ1」と同じくフロントステレオスピーカーを搭載し、ハイレゾ音源再生、「LDAC」、「aptX HD」、デジタルノイズキャンセリングもしっかりとサポートしています。

モバイルネットワーク通信では LTE Cat.15 対応で、ギガビット通信はサポートしていませんが、下り最大速度 800Mbps まではサポートしています。

このほか「Xperia XZ1」と同じ 2,700mAh バッテリーを搭載する点もと、前作ではサポートしていなかった IP68 レベルの防水防塵に対応した点も注目です。 ※グローバルモデル

ちなみにリアカメラの仕様は「Xperia XZ1」と同じですが、フロントカメラは 800 万画素となっています。

主要スペック

OS
Android 8.0 Oreo
サイズ
129 × 65 × 9.3 mm
重量
140g
ディスプレイ
4.6 インチ(1,280 × 720)HD、トルミナルディスプレイ、X-Reality for Mobile
プロセッサ
Snapdragon 835
RAM
4GB
内部ストレージ
32GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,900 万画素、F/2.0 G レンズ、1/2.3” Exmor RS、1.22μm、Motion Eye
フロントカメラ
800 万画素、1/4” Exmor R
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
2,700mAh、 Quick Charge 3.0
その他
USB Type-C、フロントステレオスピーカー、指紋センサー
カラー
ホワイトシルバー、ブラック、ホライゾンブルー、トワイライトピンク
モバイルネットワーク
LTE Cat.15

輸入総額

Amazon から「Xperia XZ1 / XZ1 Compact」を輸入する場合の総額は以下の通りです。

「Xperia XZ1」
AmazonGlobal Standard(8 ~ 12 営業日で到着)
£654.91(約 88,180 円)
AmazonGlobal Priority(2 ~ 4 営業日で到着)
£662.47(約 89,200 円)
「Xperia XZ1 Compact」
AmazonGlobal Standard(8 ~ 12 営業日で到着)
£591.22(約 79,600 円)
AmazonGlobal Priority(2 ~ 4 営業日で到着)
£599.15(約 80,670 円)

Amazon 商品ページリンク

「Xperia XZ1」
ムーンリットブルー
ブラック
ウォームシルバー
「Xperia XZ1 Compact」
ホワイトシルバー
ブラック
ホライゾンブルー
トワイライトピンク

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください