モバイルネットワークに対応した「Galaxy Tab Active 2(SM-T395)」がGCFの認証を取得

先日 FCC の認証を取得し更にベンチマークサイト GFX Bench にも登場した Samsung 製の未発表タブレットの型番「SM-T395」が、2017 年 9 月 21 日付けで GCF の認証を取得しました。

GCF の認証を取得したことにより、当初 Wi-Fi タブレットと思われていた型番「SM-T395」が、モバイルネットワークに対応することも明らかとなりました。

恐らく Wi-Fi モデルとセルラーモデルが存在すると予想されます。

認証情報

今回の GCF の認証情報では、「Galaxy Tab Active 2(SM-T395)」が少なくともサポートするモバイルネットワークの対応周波数が明らかとなっています。

モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8
    • TD-LTE B38 / 40
    • LTE Cat.6(下り最大 225Mbps)

「Galaxy Tab Active 2(SM-T395)」はタフネスボディを採用した Galaxy タブレットです。

初代「Galaxy Tab Active」は、IP67 防水防塵と「MIL-STD-810G」をサポートするタフネスタブレットとして、2014 年に行われた IFA 2014 で発表されました。

「Galaxy Tab Active 2」はその後継機種です。ちなみに初代「Galaxy Tab Active」は欧州などで展開されています。

その後継機種となる「Galaxy Tab Active 2」が発表されるのであれば、実に 3 年ぶりです。

恐らくそろそろ Samsung より正式発表されると予想されます。

Source:GCF

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください