Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

新UIと新機能を実装したWEB版「Google カレンダー」が国内でも利用可能に

Google は 2017 年 10 月 17 日に、マテリアルデザインを採用した新 UI の WEB 版「Google カレンダー」を海外で提供開始したのですが、日本国内でもこの新しい WEB 版「Google カレンダー」が利用できるようになりました。

WEB 版の新しい「Google カレンダー」は、画面右上に配置される “新しいカレンダーを試す” → “今すぐアップグレード” から切り替えることができます。

また元に戻す場合は歯車アイコンをクリックして “従来のカレンダーに戻す” をクリックすることが戻すことが可能です。

新機能

新しい WEB 版「Google カレンダー」はマテリアルデザインを前面に押し出した UI で、見た目が大きく変わったのですが、実はこれまで恐らく要望の多かった新機能が複数追加されている点が特徴となっています。

その中でもまず目玉となるのが、ハイパーリンク挿入の簡易化と、ファイル添付のサポートです。

「Google カレンダー」ではこれまでハイパーリンクを挿入する際に HTML タグを使用して記述する必要があったのですが、新しい「Google カレンダー」では予定の詳細入力欄にエディター機能が追加され、テキストの編集やハイパーリンクの挿入を簡単に行うことができるようになりました。

また写真や動画、「Google ドライブ」系ファイルの添付などもサポートし、簡単にファイルを配布することもできるようになっています。

このファイルの添付では、例えば他のユーザーとカレンダースケジュールを共有したり、会議室スケジュールを作成する際に、他のユーザー向けにプロジェクトや会議用ファイルを添付することで、ファイルの共有をかなり楽に行うことができます。

このほかハイパーリンク機能も簡単に使うことできるようになっている点は、特に要望が多かった新機能かと思います。

見た目の部分では、スケジュールをクリックした際に、予定の詳細の項目まで一気に表示されるようになりました。

以前は予定のタイトルと日程くらいしか表示されず、詳細を見るためには更にクリックしてスケジュールの内容を表示する必要があったので、こちらも簡単にスケジュールの詳細を確認できるようになっています。

またもちろん、添付されているファイルまで表示されます。

このほか、ビジネス用グループウェアサービス「G Suite」を利用しているユーザーの場合は、会議室スケジュール詳細表示の簡易化や、他のユーザーのスケジュールを同じ時間軸で表示してスケジュールの比較をしつつ会議やミーティング日程を簡単に探すことができる機能なども追加されています。

今回の新しい WEB 版「Google カレンダー」はこれまでよりも飛躍的に利便性が増しています。

見た目が変わっているので若干慣れも必要ですが、早めに切り替えて慣れ、活用できるようになっておくことで、更に効率よくスケジュール管理ができるようになるかと思います。

Source:Googe

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

オススメ商品 & 広告







ページ上部へ戻る