J-mobile、業界初のDSDS機種用2枚SIMセットのMVNOプラン「テラザウルス音声プラス」を提供開始

ジャパンモバイルは 2017 年 11 月 1 日より、同社の MVNO サービス「J-mobile」において、「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」対応デュアル SIM スマートフォン向けの 2 枚 SIM セットプラン「テラザウルス音声プラス」を提供開始しました。

「テラザウルス音声プラス」

「テラザウルス音声プラス」はソフトバンク回線を利用した「SoftBank 4G / 4G LTE」対応の使い放題のデータ専用プラン「テラザウルス SIM」と、NTT ドコモの音声通話のみが利用できる音声通話 SIM をセットにした特別プランです。

こういったプランが登場するのは業界初。

もちろんソフトバンク回線の「テラザウルス SIM」と NTT ドコモ回線の音声通話 SIM は別々に提供されます。なので必ずしも「DSDS」対応スマートフォンで利用しなければいけないというわけではありません。

そして月々の基本料金は、2 枚セットで 4,980 円(税抜き)となります。 ※キャンペーン適用時

ちなみにソフトバンク回線の「テラザウルス SIM」のみの料金は月額 4,480 円(税抜き)なので、実質 500 円で NTT ドコモ回線の音声通話 SIM を持つことができることになります。

NTT ドコモ回線の音声通話 SIM による通話料金は 30 分 20 円となりますが、半額の 30 分 10 円でかけられるサービス「Jmoba 電話」も利用することが可能です。

また NTT ドコモ回線の音声通話 SIM は、「10 分かけ放題(税抜き 850 円)」か、月 120 分の通話分が内包されている「Premium かけ放題(税抜き 1,980 円)」のオプションにも対応。

別途オプションを契約することで定額通話を利用することができます。

恒例のキャンペーン

ちなみに「テラザウルス音声プラス」は、「J-mobile」では恒例となっているキャンペーンにより特別価格での提供となります。

キャンペーンは 2017 年 12 月 31 日までで、それ以降となると基本料金はもちろん、事務手数料も跳ね上がるのでご注意ください。

基本料金
通常 7,160 円(税抜き)→ キャンペーン 4,980 円(税抜き) ※半永久
契約事務手数料
通常 17,800 円(税抜き)→ キャンペーン 6,000 円(税抜き)

基本料金の 4,980 円(税抜き)は、キャンペーン期間中に契約するとキャンペーン終了以降もこの価格が適用され続けます。

最低利用期間

「テラザウルス音声プラス」は最低利用期間が設定されています。

最低利用期間は利用開始月の翌月を起算月として 12 カ月目までとなります。最低利用期間内の解約時は9,000 円の違約金が発生します。

別のプランで 36 カ月契約などをぶっこんでくる「J-mobile」としては意外と短めです。

注意

今回の「テラザウルス音声プラス」におけるNTT ドコモ回線の音声通話 SIM は、データ通信には対応していないものの、3G エリアだけでなく LTE エリアもサポートしているので、恐らく VoLTE は利用できる模様です。

ただし「Jmoba 電話」ではプレフィックス番号(0037-692)を付けて電話を掛けるプレフィックス発信となるため、VoLTE は利用できません。

つまり VoLTE を利用する場合は通話料半額の「Jmoba 電話」を利用できないと予想されます。

このほかNTT ドコモ回線の音声通話 SIM は SMS には対応しています。

Source:J-mobile

スポンサーリンク

この記事をシェア

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください