Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

1ShopMobileが国内利用に適した型番の「Huawei Mate 10」を発売

日本直送と日本語に対応している香港のガジェットショップ 1ShopMobile が、2017 年 10 月中旬に Huawei から発表された超ハイスペック Android スマートフォン「Mate 10」を発売しました。

1ShopMobile にラインアップされているのは、型番「ALP-L29」のデュアル SIM モデルです。

型番「ALP-L29」は FOMA プラスエリア(WCDMA Band 6 / 19)や幅広い LTE バンドをサポートするので、日本国内でも利用に適したモデルと言えます。

とはいえ「Mate 10 Pro」b¥の日本発売は予定されているものの、「Mate 10」の日本発売は今のところ発表されていません。

1ShopMobile における「Mate 10」の価格は、国際送料込み$655.00 です。

カラーバリエーションは “Mocha Brown” “Black” “Champagne Gold” の 3 色がラインアップされています。

「Mate 10」

「Mate 10」は Kirin 970 プロセッサやLeica 製レンズ採用のデュアルカメラを搭載する、Huawei Mate シリーズの最新モデルです。

Kirin 970 プロセッサ、2,000 万画素モノクロカメラ + 1,200 万画素RGB カメラのデュアルカメラ、4,000mAh バッテリーを搭載で、OS は Android 8.0 Oreo + EMUI 8.0 の最新独自 UI を搭載します。

「Mate 10」に搭載されるKirin 970 プロセッサは、初の AI 機能を実装する点が特徴です。

このモバイル AI 機能は、これまで OS やシステムベースで働いていた AI 機能がプロセッサベースで機能することにより、オフライン時でも撮影した写真の内容を判別したりすることができるようになります。

またモバイル AI 機能はそもそものレスポンス向上にもつながる模様で、発表イベントでは「Galaxy S8」よりも優れたレスポンスを実装することを証明するデモも流されました。

「Mate 10」のデザインは、背面にカーブガラスを採用したフラッシュガラスデザインを採用している点が特徴。前作よりも更に高級感が増しています。

「Mate 10」の Bluetooth 規格は v5.0 ではなく v4.2 で、USB Type-C ポートを採用しています。

USB Type-C ポートではDisplayPort 1.2 規格対応で、DisplayPort を備えたディスプレイと有線で接続することにより、「Galaxy S8」のようなデスクトップ UI での表示が可能な「PC モード」を実装している点も大きな特徴です。

「Mate 10」はアスペクト比 16:9 の 5.9 インチの 2,560 × 1,440 WQHD ディスプレイを搭載するのですが、Mate シリーズのノーマルモデルとしては初の WQHD ディスプレイ搭載となりました。

またイヤホンジャックも搭載しています。

このほか「Mate 10」は 4GB RAM + 64GB 内部ストレージ搭載の 1 バリエーションのみとなります。

主要スペック

OS
Android 8.0 Oreo + EMUI 8.0
サイズ
Mate 10:150.5 × 77.8 × 8.2 mm
重量
186g
ディスプレイ
5.9 インチ(2,560 × 1,440)WQHD、3D ガラス、FullView LCD
プロセッサ
Kirin 970 Octa-core 2.36GHz
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB
リアカメラ
1,200 万画素 RGB + 2,000 万画素モノクロ、F/1.6 レンズ
フロントカメラ
800 万画素、F/2.0
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
4.2
バッテリー
4,000mAh
その他
USB Type-C、デュアル SIM(4G + 3G DSDS 対応)、指紋センサー
カラー
Mocha Brown、Black、Champagne Gold、Pink Gold
モバイルネットワーク(ALP-L29)
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G
    • WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
    • TD-SCDMA B34 / 39 ※SIM 1 のみ
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
    • TD-LTE B34 / 38 / 39 / 40

輸入総額

1ShopMobile から「Mate 10」を $655 で直輸入する場合の概算総額は以下の通りです。

超ハイスペックの割には、他のメーカー製フラッグシップと比べると安価となります。

  • 本体価格:$655(約 74,750 円)
国内到着時の消費税を考慮した輸入概算総額
約 80,700 円

1ShopMobile 商品ページリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る