Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

「Razer Phone」開封動画、SIMピンもRAZER仕様

2017 年 11 月 15 日に米国で発売された、ゲーミングメーカー RAZER の第 1 弾スマートフォン「Razer Phone」の開封動画をご紹介させていただきます。

「Razer Phone」は発表時点で海外の YouTuber が開封動画を公開していますが、今回ご紹介するのは現地で入手された方によるフレッシュな開封動画です。

内容的には変わらないと思われますが、より実機感を堪能できるのはやはりフレッシュな方でしょう。

今回ご紹介する「Razer Phone」開封動画は、約 12 分半と長めです。

開封から初期設定、スピーカーやディスプレイの簡単な検証なども行われています。

この動画で私が気になったには、SIM ピンと「Razer Phone」本体に印字されている規制ラベルです。

まず SIM ピンですが、RAZER らしいブラックカラーのロゴ入りとなる模様。なかなかカッコイイですね。

こういった部分まで凝った造りというのは好印象です。開封動画を投稿している方も “Very Cool!” と絶賛していますね。

次に規制ラベルです。

こちらは単なる規制ラベルなのですが、印字位置が「Nextbit Robin」と全く同じ場所となっています。

RAZER は Nextbit を買収していることもあり元 Nextbit メンバーも「Razer Phone」の開発に関わっていると予想されるのですが、こういったところにその面影を感じることができます。

Nextbit Robin

Razer Phone

このほか「Razer Phone」の特徴と言えば 120Hz 駆動ハイスピード IGZO ディスプレイ「120Hz UltraMotion」を採用している点です。

これによりリフレッシュレートが通常のスマートフォンの倍となる 120Hz となるのですが、このリフレッシュレートは 60Nz と 90Hz も選択できる模様です。

リフレッシュレートを下げることで負荷が軽減され、パフォーマンスやバッテリー消費量も変化するのでしょう。

そんな「Razer Phone」は現在米国や英国で発売されています。

米国では現地の Amazon.com に商品ページが登場し、日本直送にも対応することが判明しています。

Amazon にはまだ入荷していませんが、「Razer Phone」の入手を検討されている方は Amazon からの直輸入が安心で、そして最安となると予想されます。

Amazon にいつ入荷するのか、気になりますね。

当ブログでも「Razer Phone」の入荷情報はなるべくリアルタイムに追っていこうと思っています。小まめにチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream


google-help-heroes-by-jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る