楽天、携帯キャリア事業(MNO)新規参入を表明

楽天は 2017 年 12 月 14 日、2019 年サービス提供開始に向けてた携帯キャリア事業新規参入を表明しました。

楽天は総務省が割当受付開始を行う LTE 周波数 1.7GHz 帯と 3.5GHz 帯について、申請を行う予定です。

もし LTE 周波数 1.7GHz 帯と 3.5GHz 帯が楽天に割り当てられた場合は、日本国内では第 4 の携帯キャリアの MNO としての「楽天モバイル(仮)」が誕生します。

楽天の MVNO サービス「楽天モバイル」は、ご存知の通り NTT ドコモの回線を一部借り入れて提供しているサービスです。

これだ自前で基地局設備などを行うことができるようになると、サービス拡大はもちろんですが、更なる独自サービスの展開などが期待されます。

楽天は新規 MNO 事業に参入する場合、2019 年のサービス開始時に 2,000 億円、2025 年の 6,000 億円の資金調達と設備投資を想定している模様。

ちなみに総務省の割当受付後の認定は、2018 年 3 月末頃に行われる予定となっています。

この頃に、楽天が MNO 事業を開始できるかどうかが判明するわけです。

Source:楽天

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください