Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

Google、「Project Tango」のサポートを2018年3月1日に終了へ

Google は 2017 年 12 月 16 日、2014 年に発足した同社の AR プロジェクト「Project Tango」のサポートを、2018 年 3 月 1 日をもって終了すると発表しました。

ただし「Project Tango」の後継技術として、「ARCore」の開発が進められます。

「Project Tango」

「Project Tango」は元々、“モバイル機器に実物の空間や動きの認識を与えること” をテーマとして、Google 傘下の先端技術研究グループ “ATAP” が開発を進めてきたプロジェクトです。

「Project Tango」対応デバイスは、最近では ASUS 製スマートフォンの「ZenFone AR」が挙げられますが、Lenovo 製スマートフォンンの「Phab 2 Pro」、Google 製 7 インチタブレットの「Project Tango タブレット開発キット」も過去に発売されています。

「Project Tango」対応デバイスは高度なモーショントラッキングカメラと 3D 震度センサーなどを搭載することが条件となっていて、それらのセンサーを駆使した空間認識技術を利用することができます。

また「Project Tango」対応アプリも Google Play ストアで配信されています。

「ZenFone AR」はまだ 2017 年に発売されたばかりなので、今後も「Project Tango」対応デバイスが発売されるのかとと思いきや、なんといきなりのサポート終了宣言となりました。

「ARCore」

ただ「Project Tango」のサポート終了が Google の AR プロジェクト終了 を意味するわけではありません。

Google は既に「ARCore」という AR プロジェクトの開発を進めていて、Google スマートフォンの「Pixel シリーズ」に、既に「ARCore」を利用した機能も配信されています。

「ARCore」はわかりやすく言えば、センサー類などハードウェア面で搭載条件があった「Project Tango」に対して、ソフトウェアで空間認識を行う技術です。

今のところは「Pixel シリーズ」などの一部の機種に対して、「ARCore」を利用する「AR ステッカー」アプリが配信され、利用できるようになっていますが、今後ほかのメーカー製スマートフォンも「ARCore」をサポートする予定となっています。

それにしても「Project Tango」のいきなりの終了宣言。

Google らしいバッサリ感ですね。

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る