「Essential Phone」にAndroid 8.0 Public Beta 2が配信開始、様々なバグを修正

Essential Products は 2017 年 12 月 21 日、同社の第 1 弾スマートフォン「Essential Phone(PH-1)」に対して、Android 8.0 Beta アップデートの第 2 弾となる「Android 8.0 Public Beta 2」を配信開始しました。

前回のベータアップデート「Android 8.0 Public Beta 1」は、公式サイトで配布されるファクトリーイメージをリカバリーモードから読み込む方式となっていましたが、今回のアップデートは「Android 8.0 Public Beta 1」を適用している機種に対して「Over the Air(OTA)」で配信されています。

また公式サイトにて「Android 8.0 Public Beta 2」のファクトリーイメージも公開されているので、手動でのアップデートも可能となっています。

アップデート内容

今回の「Essential Phone」に対する「Android 8.0 Public Beta 2」は、様々なバグの修正や最適化、機能追加が行われています。

追加機能

  • スマートテキスト選択、インスタントアプリ、ピクチャインピクチャ(PIP)
  • セットアップとサインインの高速化
  • 「Google Play プロテクト」の追加

「Android 8.0 Public Beta 1」のバグ修正

  • Android Auto と OEM 製 Bluetooth カーキットとの相互運用性の改善
  • 米国通信事業者のデータ通信問題回線
  • ステータスバーからのアシスタント利用時に画面がカットオフされる問題の修正
  • トラブルサポートの強化
  • バッテリライフの向上
  • LED 通知と充電時の動作

その他

前回の「Android 8.0 Public Beta 1」では公式には発表されていなかった日本の技適マークの追加がかなり話題となりましたが、今回の「Android 8.0 Public Beta 2」でももちろん技適表示はそのままで、更に欧州の認証も表示されるようになりました。

このほか、前回まで「Essential Phone」に実は「おサイフケータイ」アプリがインストールされていて、強制的に無効化されていることが発覚していたのですが、今回の「Android 8.0 Public Beta 2」ではそれが削除されてしまった模様です。

以前の状態でもは「おサイフケータイ」、並びに「Android Pay」などを利用することは実質できなかったものの設定完了の一歩手前まで行くことはできたのですが、「Android 8.0 Public Beta 2」では完全に「おサイフケータイ」対象外の扱いとなりました。

もしかしたら「Android 8.0 Public Beta 2」で解禁されるのでは?と思っていたのでですが、全く逆になってしまいましたね。残念。

これ以外に見つけたことがあれば、都度ご報告させていただきます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください