Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

NTTドコモの一人用「シンプルプラン」をdocomo withでシミュレーション【レポート】

2017 年 12 月 27 日から申込受付が開始される NTT ドコモの一人用「シンプルプラン」、私も早速申込をして、年明け 2018 年 1 月 1 日からのプラン変更を待っている状態です。

当ブログでは私の現在のプランに対する一人用「シンプルプラン」適用後の料金をシミュレーションさせていただきましたが、今回は NTT ドコモの人気プラン「docomo with」で一人用「シンプルプラン」に加入した場合にどの程度の価格となるのかをシミュレーションしようと思います。

「docomo with」

そもそもの「docomo with」は、対象のスマートフォンと、対象となる Xi プランを契約することで、毎月の利用料金から半永久的に税抜き 1,500 円引きとなる特別割引内包プランです。

「docomo with」はハイスペックスマートフォン契約時などに適用される、最大 2 年間の割引サービス「月々サポート」と「端末購入サポート」がない代わりに、契約中はずっと一律で 1,500 円(税抜き)割引となる当別なサービスとなります。

「docomo with」の対象となるスマートフォンは 2017 年 12 月現在以下の 5 機種で、ロー ~ ミドルスペックとなる点が特徴。

「docomo with」対象機種

  • Samsung 製「Galaxy Feel SC-04J」
  • 富士通製「arrows Be F-05J」
  • ZTE 製「MONO MO-01K」
  • シャープ製「AQUOS sense SH-01K」
  • 富士通製「らくらくスマートフォン me F-03K」

対象プラン

「docomo with」の対象となるプランは以下。

基本プラン
  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
パケットパック
  • データパック(ウルトラデータパック)
  • シェアパック(ウルトラシェアパック)
  • ビジネスシェアパック(ウルトラビジネスシェアパック)

一人用「シンプルプラン」の提供に合わせた「docomo with」の対象プランなどの内容は特に変わっていませんが、元々「シンプルプラン」が対象となるため、一人用「シンプルプラン」でも「docomo with」の割引を受けることができるわけです。

シミュレーション

一人用「シンプルプラン」+「docomo with」のシミュレーションをしてみます。

基本シミュレーション

まず基本プランを一人用「シンプルプラン」にして、パケットパックを「ウルトラデータ L パック(20GB)」に、そこに「docomo with」を適用した場合はの基本料金シミュレーションは以下です。

「シンプルプラン」
980 円(税抜き)
「ウルトラデータ L パック(20GB)」
6,000 円(税抜き)
sp モード
300 円(税抜き)
「docomo with」
-1,500 円(税抜き)
合計(税込み)
(980 + 6,000 + 300 -1,500)× 1.08(消費税)= 6,242 円

「ずっとドコモ割」適用時

また更に、NTT ドコモを 4 年以上契約している場合は、200 ~ 800 円の「ずっとドコモ割」も適用されます。

私個人の場合は NTT ドコモ歴 15 年以上なので 800 円割引の適用です。

その場合の価格シミュレーションは以下。

「シンプルプラン」
980 円(税抜き)
「ウルトラデータ L パック(20GB)」
6,000 円(税抜き)
sp モード
300 円(税抜き)
「docomo with」
-1,500 円(税抜き)
「ずっとドコモ割」
-800 円(税抜き)
合計(税込み)
(980 + 6,000 + 300 -1,500 – 800)× 1.08(消費税)= 5,378 円

「MONO MO-01K」を分割購入する場合

「MONO MO-01K」を分割購入した場合の 2 年間の支払いシミュレーションを行ってみます。

「MONO MO-01K」自体の本体価格は税込み 25,272 円で、分割購入の場合は 1,053 円 × 24 回となります。

「シンプルプラン」
980 円(税抜き)
「ウルトラデータ L パック(20GB)」
6,000 円(税抜き)
sp モード
300 円(税抜き)
「docomo with」
-1,500 円(税抜き)
「ずっとドコモ割」
-800 円(税抜き)
「MONO MO-01K」分割
-1,053 円 ※税非対称
合計(税込み)
(980 + 6,000 + 300 -1,500 – 800)× 1.08(消費税)+ 1,053 = 6,431 円

まとめ

「docomo with」はどちらかというとライトユーザー向けとなるので、「ウルトラパック」での契約はあまり現実味はありませんが、私のように(?)基本的に国内キャリアからスマートフォンを購入することは少ない一方で海外スマートフォンを NTT ドコモ回線で運用するユーザーにとって、半永久的に 1,500 円割引される「docomo with」はかなり魅力的です。

私の場合、今は「iPhone 7 Plus」に対する「月々サポート」が残っているので、まだ数カ月はそのままがお得ですが、2 年満期を迎えたら「docomo with」に移行してそのまま回線を継続利用しようと目論んでいます。

このほか近頃は通話回線を利用した音声通話よりも「LINE」などのデータ通信を利用した VoIP 通話を利用するユーザーが増えつつあるので、そういったユーザーにとって通話定額がない一方でデータ通信容量が多い「シンプルプラン」+「ウルトラデータパック」は魅力的なはず。

そこに対して端末代金も安価で末永く見た場合にお得な割引付「docomo with」を組み合わせることは、通話定額の「カケホーダイ」に代わる今後の新たなスタンダードとなるかもしれないですね。

関連記事

コメントをお待ちしております

PR 記事

follow us in feedly

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

読者からの最新コメント

ページ上部へ戻る