Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

OnePlus、「OnePlus 5T」の新色Snadstone Whiteを1月9日に発売

中国のスマートフォンメーカーの OnePlus は 1 月 5 日、2017 年末に発売した「OnePlus 5」の改良モデルとなる「OnePlus 5T」の新色 “Sandstone White” を発表しました。

「OnePlus 5T」“Sandstone White” は 1 月 9 日より発売されます。

「OnePlus 5T」は元々公式では日本向けに販売されていませんが、そのうち 1ShopMobile などが “Sandstone White” の取り扱いを開始して、直輸入できるようになるでしょう。

ちなみの「OnePlus 5T」“Sandstone White” の本体価格は既存モデルと同じく $499 / $579 です。

「OnePlus 5T」“SandStone White”

「OnePlus 5T」“Sandstone White” は、単なるホワイトカラーというわけではなく、ザラつきのあるツヤ消し仕様のような特別色です。

「OnePlus 5T」は 6GB RAM + 64GB 内部ストレージ搭載の下位モデルと 8GB RAM + 128GB 内部ストレージ搭載の上位モデルの 2 モデルがありますが、OnePlus の商品ページでにおいて “Sandstone White” は上位モデルのみがラインアップされています。

下位モデルも販売されるのかは不明です。

「OnePlus 5T」

「OnePlus 5T」は昨年の「OnePlus 3T」同様に、スタンダードモデル「OnePlus 5」をベースにしたスペック改良モデルです。

主要スペック自体は大幅なアップをしているわけではありませんが、ディスプレイ、カメラ、OS などが主に改良されています。

やはり一番改良された部分はディスプレイでしょう。OnePlus では初のアスペクト比 18:9 となるディスプレイ搭載です。

本体サイズは前作の152.7 × 74.7 × 7.25 mm からほぼ変わらない 156.1× 75 × 7.3 mm ながら、ディスプレイの占有率のみを改良し、ディスプレイサイズは6.01 インチとなりました。

その分、指紋センサーは背面に移動しています。

解像度は2,160 × 1,080 ピクセルのフル HD で、前作と同じく Optic AMOLED +Gorilla Glass 5 を採用していますが、Optic AMOLED という名称からアスペクト比変更に伴って “Full Optic AMOLED” という名称に一新されています。

カメラは前作同様の 1,600 万画素 + 2,000 万画素のデュアルカメラですが、サブカメラを前作の 2,000 万画素 + F/2.6 + 画素サイズ 1.0µm の Sony IMX350 センサーから、同じく 2,000 万画素のF/1.7 + 画素サイズ 1.0µmの Sony IMX376K センサーに変更。

ポートレート撮影において、背景のぼかしがより協調される写真を撮影することができるようになりました。

フロントカメラは前作から変更なしです。

OS は相変わらず OnePlus 端末特有の OxygenOS ですが、Android 7.1.1 ベースとなっています。

この新しい OxygenOS では複数アカウントの登録を行うことができない「LINE」などの SNS アプリを複製して疑似的に複数アカウントを登録することができる UI 機能「Parallel Apps」を搭載。

複数の「LINE」アカウントを使い分けているユーザーにとっては特に待望の機能と言えるでしょう。

OxygenOS は正式版リリース前に試用版を試すことができるベータプログラム「OxygenOS Beta Program」も提供されています。こちらでは Android 8.0 Oreo ベースのOxygenOS が年明けに提供される予定です。

デザインは前作同様に背面が緩やかにカーブした “ホライゾンライン” を採用していますが、前作からより丸みを増していて、更に持ちやすいデザインとなっています。

このほか OnePlus 独自の急速充電技術「Dash Charge」ももちろんサポートしています。

主要スペックは前作と変わらず Snapdragon 835 プロセッサ、6 / 8 GB RAM、64 / 128 GB 内部ストレージ、3,300mAh バッテリー搭載です。

カラーバリエーションは元々 “Midnight Black” の 1 色のみでしたが、“Sandstone White” も加わり 2 色展開となりました。

価格は 6GB RAM + 64GB 内部ストレージモデルが $499、8GB RAM + 128GB 内部ストレージモデルが $559 です。

主要スペック

OS
OxygenOS(Android 7.1.1 Nougat ベース)
サイズ
156.1× 75 × 7.3 mm
重量
162g
ディスプレイ
5.5 インチ(2,160 × 1,080)フル HD、Full Optic AMOLED、Gorilla Glass 5、アスペクト比 18:9
プロセッサ
Snapdragon 835 Octa-core 2.45GHz
RAM
6 / 8 GB DDR4x
内部ストレージ
64 / 128 GB UFS2.1 2-LAN、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,600 万画素(F/1.7、画素サイズ 1.12µm、Sony IMX398)+ 2,000 万画素(F/1.7、画素サイズ 1.0µm、Sony IMX376K)
フロントカメラ
1,600 万画素、F/2.0、画素サイズ 1.0µm、Sony IMX371
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,300mAh、Dash Charge
その他
USB Type-C(2.0)、デュアル SIM、指紋センサー、aptX / aptX HD、3.5mm イヤホンジャック
カラー
Midnight Black、Sandstone White
モバイルネットワーク
  • 2G
    • GSM クアッドバンド
  • 3G
    • WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 8
    • TD-SCDMA B34 / 39
    • CDMA B0
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 /18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 66
    • TD-LTE B34 / 38 / 39 / 40 / 41

モバイルネットワークの対応周波数は「OnePlus 5」からほぼ変更されていませんが、新たに TD-LTE Band 34 をサポートしています。

Source:OnePlus

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る