OPPOが日本参入を発表、1月31日に「R11s」の発表会を開催

中国メーカーの OPPO は 2018 年 1 月 22 日、遂に日本市場への参入を正式発表しました。

OPPO は日本参入第 1 弾機種として、昨年 11 月に発表したばかりの新型スマートフォン「R11s」を投入します。

また詳しい発売日や価格などは、1 月 31 日の発表会で明らかとなります。

「OPPO R11s」

「OPPO R11s」はデュアルリアカメラとアスペクト比 18:9 のウルトラワイドフルスクリーンディスプレイを搭載するハイスペックスマートフォンです。

背面に指紋センサーも搭載しますが、USB コネクタは microUSB 採用となっています。

OS は Android ベースの独自 OS となる ColorOS 搭載で、「R11s」では Android 7.1.1 ベースの ColorOS 3.2 となっています。

このほか OPPO 独自の高速充電技術「VOOC」ももちろん対応で、たった 5 分の充電で 2 時間使用分のバッテリー充電が可能です。

気になる価格ですが、中国では 3,199CNY(約 55,300 円)となっています。

ちなみに「OPPO R11s」の上位モデルとなる「OPPO R11s Plus」もあるのですが、こちらも国内に投入されるかは不明です。

OS
ColorOS 3.2(Android 7.1.1)
サイズ
155.1 × 75.5 × 7.1 mm
重量
153g
ディスプレイ
6.01 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+、AMOLED
プロセッサ
Snapdragon 660
RAM
4GB
内部ストレージ
64GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
2,000 万画素 + 1,600 万画素、F/1.7
フロントカメラ
2,000 万画素、F/2.0
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
4.2
バッテリー
3,205mAh
その他
microUSB、デュアル SIM、指紋センサー
カラー
Black、Champagne、Red

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください