GPS内蔵Android Wear「Ticwatch S/E」が国内Amazonで販売中

以前当ブログでもクラウドファンディングの開始や海外での発売をご紹介させていただいた、中国のスマートウォッチメーカー Ticwatch 製 Android Wear スマートウォッチ「Ticwatch S(Sport)」と「Ticwatch E(Express)」が、なんと国内の Amazon で公式販売されていました。

バリエーションは「Ticwatch S」「Ticwatch E」共に 3 色展開ですが、国内ではそれぞれ 1 ~ 2 色の変則的な展開となっています。

また Ticwatch 公式販売以外に他のマーケットプレイスによる販売も混ざっているので注意が必要です。

ちなみに Ticwatch による国内販売価格は、「Ticwatch S」が 18,999 円、「Ticwatch E」が 15,999 円とかなりリーズナブルです。

「Ticwatch S / E」

「Ticwatch S / E」は GPS を内蔵するサークル形状の安価な Android Wear 2.0 スマートウォッチです。

「Ticwatch S / E」の特徴はカラフルなカラーバリエーションで、そして IP67 レベルの防水防塵対応や GPS を内蔵している点でなのですが、特に「Ticwatch S」については GPS アンテナがケースではなくウォッチバンドに内蔵されるという仕様が採用されています。

「Ticwatch E」はケースに GPS を内蔵しているためウォッチバンドの交換が可能ですが、「Ticwatch S」はウォッチバンドに GPS アンテナが内蔵されているのでウォッチバンドの交換はできなくなっています。

基本的な機能は Android Wear 2.0 に準拠していて特に独自の仕様とはなっていませんが、GPS 内蔵ということでフィットネスに特化した Android Wear スマートウォッチであることには変わりありません。

このほかハードウェアボタンが右ではなく左側に搭載されている点も「Ticwatch S / E」の特徴です。

「Ticwatch S / E」は当初、2017 年 10 月発売予定としてクラウドファンディンにて販売が行われていました。

通常価格は「Ticwatch S」が $199、「Ticwatch E」が $159 です。

主要スペック

OS
Android Wear 2.0
サイズ
  • Ticwatch S:45 × 13mm
  • Ticwatch E:44 × 13.55 mm
重量
  • Ticwatch S:45.5g
  • Ticwatch E:41.5g
ディスプレイ
1.4 インチ(400 × 400)
プロセッサ
MediaTek MT2601 Dual-core 1.2GHz
RAM
512MB
内部ストレージ
4GB
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
4.1
バッテリー
その他
GPS、IP67
カラー
  • Ticwatch S:Glacir、Knight、Aurora
  • Ticwatch E:Lenon、Shadow、Ice

Amazon 商品ページリンク

「Ticwatch S」

Knight
Ticwatch SスマートウォッチKnightアンドロイド・ウエア2.0搭载iOSおよびアンドロイド

「Ticwatch S」

Shadow
Ticwatch E超軽量スマートウォッチShadow アンドロイド・ウエア2.0搭载iOSおよびアンドロイド
Ice
Ticwatch E超軽量スマートウォッチIce アンドロイド・ウエア2.0搭载iOSおよびアンドロイド

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください