Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

この手の「Essential Phone」用ガラスフィルムはオススメできない【レポート】

こんにちは、Jetstream BLOG 管理人兼ライターの石井順です。

以前当ブログにて「Essential Phone(PH-1)」用の良さげなガラスフィルムとして米国・サンフランシスコのスマートフォンアクセサリーメーカー Poetic Cases 製「SCREEN PROTECTOR」をご紹介させていただいたのですが、、、撤回します。

全然良くなかった。

ちなみにこの手の全画面カバー型ガラスフィルムは Poetic のほかにも多数のメーカーが販売しています。

というよりも、恐らく製造しているところは一つで、各メーカーに OEM 品として卸し、それを各メーカーがメーカー製として販売しているだけと予想されます。

なのでこの手のガラスフィルムはどれもオススメできません。

「Essential Phone」用全画面カバー型ガラスフィルムは、いわゆる中空タイプのガラスフィルムです。

縁の黒い部分の裏側(ディスプレイと当たる側)が粘着仕様となっていて、その部分のみで固定する仕様。

見ての通り黒い部分は極薄なので、キッチリ貼ったとしても簡単にズレます。

それと「Essential Phone」のディスプレイは何気に淵がカーブした 2.5D デザインとなっているのですが、全画面カバー型ガラスフィルムはこのカーブが考慮されておらずフラットな仕様なので、縁の部分に若干の隙間ができます。

写真だとわかりにくいけど実際隙間が空いている

また「Essential Phone」の全画面をカバーする仕様となるため、例えば TPU ケースを装着した場合、ガラスフィルムの縁とケースが干渉し、それだけでガラスフィルムが剥がれてしまいます。

特に電源ボタンやボリュームボタンを押すと TPU ケースも押し込まれ、そしてガラスフィルムと干渉して簡単にガラスフィルムが剥がれてしまいました。

※なのでセロハンテープで固定しています

ボタン部分は特に干渉しやすい

これは以前「Pixel 2 XL」の全画面カバー型ガラスフィルムでもあったダメな仕様です。

ちなみにこちらも恐らく製造元は一つでしょう。

ということでこの手の「Essential Phone」用全画面カバー型ガラスフィルムは、私はオススメしません。

全画面カバーではなく、少し内側まで削られている仕様のガラスフィルムのほうが良いです。

私個人としては、以前使っていたこのタイプが結果的に最高でした。

このタイプのガラスフィルムは欧州の Amazon で販売されています。

ちょっと高いですが、安くて使えないガラスフィルムよりは数百倍マシです。

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る