国内で「Misfit Vapor」ステンレススチールブレスレットモデルが発売

2018 年 3 月 6 日、国内の Misfit 公式サイトにて同社初の Android Wear スマートウォッチ「Misfit Vapor」の追加色となる “ステンレススチールケース / ステンレススチールブレスレット” が発売されました。

“ステンレススチールケース / ステンレススチールブレスレット” は要はステンレススチールブレスレットモデルです。

これまでのスポーティーなシリコンストラップモデルのみのラインアップから、新たにステンレススチールブレスレットモデルがラインアップされたことになりす。

“ステンレススチールケース / ステンレススチールブレスレット” の価格は 29,000 円(税抜き)と、シリコンストラップモデルから数千円上乗せ価格となっています。

「Misfit Vapor」

「Misfit Vapor」は、2017 年 3 月の時点で発表されていた Android Wear 2.0 搭載のラウンド型 Android Wear スマートウォッチです。

心拍センサー搭載で、更に 50m 防水にまでサポートしています。

※「Misfit Vapor」は当初 GPS 搭載と一部で報じられていたのですが、GPS は搭載せず、母艦側スマートフォンの GPS を同期する仕組みとなる模様です

更に Android Wear では恐らく初のベゼル部分に内蔵されたタッチセンサーによる、スワイプスクロールやタッチ操作にも対応。(バーチャルタッチベゼル)

それでいて公式価格 25,800 / 29,000 円(税抜き)なのでかなり安価といえるでしょう。

そんな「Misfit Vapor」は機能満載で安価なので、特にビギナーでも利用しやすい 1 台かと思います。

もちろんウェアラブルマニアも注目の 1 台でしょう。

主要スペック

OS
Android Wear 2.0
サイズ
44 × 13.5mm、バンド幅 20mm
ディスプレイ
1.3 インチ、フルラウンド AMOLED
プロセッサ
Snapdragon Wear 2100
内部ストレージ
4GB
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
その他
加速度計、高度計、ジャイロスコープ、心拍センサー、バーチャルタッチベゼル
カラー
Jet、Stainless Steel、Rose Tone、Gold Tone

Source:Misfit

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください