「Nokia 8 Sirocco」がイオシスに入荷

海外スマートフォンや中古スマートフォンを国内で格安販売する イオシス に、MWC 2018 で Nokia から発表されたハイスペックスマートフォン「Nokia 8 Sirocco」が入荷した模様です。

イオシスにおける本体価格は税込み 79,800 円 + 送料です。

「Nokia 8 Sirocco」

「Nokia 8 Sirocco」は Snapdragon 835 プロセッサを搭載する「Nokia 8」から、デザインを変更し主要スペックも向上した派生モデルです。

デザインは左右カーブエッジタイプのディスプレイを搭載している点が特徴で、3D カーブ仕様の Corning Gorilla Glass 5 を採用しています。

「Nokia 8」と同じく背面の ZEISS デュアルカメラも搭載。しかし指紋センサーは背面に移動しました。

昨今のトレンドとなっているアスペクト比 18:9 ディスプレイではありませんが、指紋センサーを背面に移動させたことで前面の画面占有率は一気に向上し、フルディスプレイ仕様に変更されています。

ディスプレイは「Nokia 8」の 5.2 インチから 5.5 インチに拡大していますが、解像度は WQHD(pOLED)のままです。

このほか変更されている点は RAM が「Nokia 8」の 4GB から 6GB に向上している点と、「Nokia 8」の 1,300 万画素から 500 万画素へと変更されたフロントカメラです。

バッテリー容量は 3,260mAh で、新たに Qi ワイヤレス充電もサポートしました。防水防塵規格は「Nokia 8」から進化した IP67 となっています。

そして何より「Nokia 8 Sirocco」最大の特徴は、この仕様で Android One スマートフォンとなる点。

Android One は当初新興国向けの最新 OS を搭載した低価格なスマートフォンがコンセプトだったのですが、その座は Android Go へと受け渡し、素の Android OS を搭載するメーカー製 Android スマートフォンへと変化しています。

主要スペック

OS
Android 8.0 Oreo(Android One)
サイズ
140.93 × 72.97 × 7.5 mm
重量
-g
ディスプレイ
5.5 インチ(2,560× 1,440)WQHD、pOLED、Gorilla Glass 5
プロセッサ
Snapdragon 835 MSM8998 Octa-core 2.36GHz
RAM
6GB LPPDDR4X
内部ストレージ
128GB UFS2.1、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,300 万画素 × 1,200 万画素、1.4um、F/1.7
フロントカメラ
500 万画素、1.4um
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n / ac
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,260mAh、ワイヤレスチャージング(Qi)
その他
USB Type-C、指紋センサー、IP67
カラー
ブラック

イオシス 商品ページリンク

「Nokia 8 Sirocco」
Nokia 8 Sirocco TA-1005 SS HK 【Black 128GB 海外版 SIMフリー】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください