Jetstream BLOG

HTC Jetstream に惚れて

メニュー

Amazon、「Moto G6/G6 Plus」「Moto E5」を若干値引き販売

Motorola から 6 月 8 日に発売されたばかりのエントリーラインのスマートフォン「Moto G6」「Moto G6 Plus」「Moto E5」が、国内の Amazon にて若干安価となりました。

それぞれ消費税分程度の値引きです。それでも安いにこしたことはないですよね。

「Moto G6 / G6 Plus」

「Moto G6」と「Moto G6 Plus」は前作から主要スペックを向上し、アスペクト比 18:9 のフル HD+ ディスプレイの採用やシリーズ初の撥水対応など、細かな部分で進化したエントリースマートフォンです。

「Moto G6」「Moto G6 Plus」共に「Moto G5s / G5s Plus」と同じく背面にデュアルカメラを搭載し、更にシリーズ初となる USB Type-C コネクタ、空間音響技術の「>Dolby Audio」も採用されました。

ちなみにイヤホンジャックは廃止されずに残っています。

また前面下部の指紋センサー「Moto Key」では画面ロックの解除のほかにスワイプ操作にも対応し、画面の切り替えなどを行うことも可能。更に指紋センサーに触ることで画面ロックを掛けることも可能となっています。

このほか Wi-Fi 経由で Motorola か Lenovo 製品をワイヤレスでファイルの共有を行うことができる「クロスシェア」機能も実装。

ボディはパルスプラズマ蒸着加工「P2i」による撥水コーティングも施されています。サイズ的には「Moto G5 / G5 Plus」「Moto G5s / G5s Plus」とほぼ変わりません。

本来のカラーバリエーションは「Moto G6」が “Deep Indigo” “Black” “Blush” “Silver” の 4 色展開、「Moto G6 Plus」が “Deep Indigo” “Nimbus” の 2 色展開です。

ちなみに「Moto G6」と「Moto G6 Plus」の違いはサイズや主要スペックのほか、Bluetooth の対応規格など、細かな部分でも異なっています。

このほか国内投入モデルはデュアル SIM における「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」もサポートしています。ただし同時に LTE は利用できず、4G + 3G の「DSDS」サポートです。

そしてデュアル SIM スロットのほか micro SD カードスロットまで搭載するトリプルスロット仕様です。

主要スペック

「Moto G6」
OS
Android 8.0 Oreo
サイズ
153.8 × 72.3 × 8.3 mm
重量
167g
ディスプレイ
5.7 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+、IPS
プロセッサ
Snapdragon 450 Octa-core 1.8GHz
RAM
3GB
内部ストレージ
32GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素 + 500 万画素、F/1.8
フロントカメラ
800 万画素
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
3,000mAh
その他
USB Type-C、デュアル SIM モデル有、指紋センサー「Moto Key」、P2i 撥水、Dolby Audio、NFC、デュアル SIM「DSDS」サポート
カラー
インディゴブルー
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
    • TD-LTE 38 / 40 / 41
「Moto G6 Plus」
OS
Android 8.0 Oreo
サイズ
160 × 75.5 × 8.0 mm
重量
167g
ディスプレイ
5.9 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+、IPS
プロセッサ
Snapdragon 630 Octa-core 2.2GHz
RAM
4 / 6 GB
内部ストレージ
64 GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,200 万画素 + 500 万画素、F/1.7
フロントカメラ
800 万画素
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,200mAh
その他
USB Type-C、デュアル SIM モデル有、指紋センサー「Moto Key」、P2i 撥水、Dolby Audio、NFC
カラー
ディープインディゴ
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
    • TD-LTE 38 / 40 / 41

「Moto E5」

「Moto E5」は「Moto G6 / G6 Plus」と同じくアスペクト比 18:9 の「Max Vision」ディスプレイを搭載するエントリーモデルです。

背面の “M” ロゴ部分は指紋センサーとスワイプ操作に対応した「Moto Key」を搭載し、前面にはフロントフラッシュも実装。また 4,000mAh の大容量バッテリーを搭載します。

コネクタは micro USB 仕様で、イヤホンジャックも搭載。NFC についてはモデルによって実装状況が異なる模様です。

本来のカラーバリエーションは “Flash Gray” “Fine Gold” の 2 色展開となっています。

このほか国内投入モデルはデュアル SIM における「Dual SIM, Dual Standby(DSDS)」もサポートしています。ただし同時に LTE は利用できず、4G + 3G の「DSDS」サポートです。

そしてデュアル SIM スロットのほか micro SD カードスロットまで搭載するトリプルスロット仕様です。

主要スペック

OS
Android 8.0 Oreo
サイズ
154.4 × 72.2 × 8.95 mm
重量
174g
ディスプレイ
5.7 インチ(1,440 × 729)HD+、IPS LCD
プロセッサ
Snapdragon 425 Quad-core 1.4GHz
RAM
2GB
内部ストレージ
16GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
1,300 万画素、F/2.0、1.12um
フロントカメラ
500 万画素、フロントフラッシュ
Wi-Fi
802.11 a / b / g / n
Bluetooth
4.2
バッテリー
4,000mAh
その他
micro USB、デュアル SIM モデル有、指紋センサー「Moto Key」、NFC(シングル SIM のみ)
カラー
フラッシュグレー、ファインゴールド
モバイルネットワーク
  • 2G:GSM クアッドバンド
  • 3G:WCDMA B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
  • 4G
    • FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
    • TD-LTE 38 / 40 / 41

Amazon 商品ページリンク

「Moto G6」“インディゴブルー”
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 3GB/32GB ディープインティゴ 国内正規代理店品 PAAG0028JP/A
「Moto G6 Plus」“インディゴブルー”
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G6 Plus 4GB/64GB ディープインティゴ 国内正規代理店品 PAAT0026JP/A
「Moto E5」“フラッシュグレー”
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto E5 2GB/16GB フラッシュグレー 国内正規代理店品 PACH0011JP/A
「Moto E5」“ファインゴールド”
モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto E5 2GB/16GB ファインゴールド 国内正規代理店品 PACH0014JP/A

Source:

関連記事

コメントをお待ちしております

follow us in feedly
Follow Jetstream BLOG on WordPress.com

Google Help Heroes by Jetstream

Google 公式の一般ユーザー向けヘルプ動画制作プロダクト「Google Help Heroes」用に提供している動画をテキスト化したサイト『Google Help Heroes by Jetstream』も作成しています。こちらも是非よろしくお願いいたします。

Jetstreamプロデュースブログ

沖縄のユタの血を引き生まれながらに霊感を持つ現役ナース Ray が、生まれ持つ霊感と趣味のタロットとを織り交ぜてお送りする個人ブログ「Light Mind | ナースとタロット」。Ray の世界に引き込まれてしまうこと間違いなし!タロット占いの依頼も受付中。

ページ上部へ戻る