Sony Mobile、18:9ディスプレイ+DSEE HX搭載「Xperia XA2 Plus」を発表

Sony Mobile は 2018 年 7 月 11 日、ミッドレンジスマートフォン Xperia XA シリーズの新型「Xperia XA2 Plus」を発表しました。

「Xperia XA2 Plus」

「Xperia XA2 Plus」は CES 2018 で発表されたミッドレンジスマートフォン「Xperia XA2」「Xperia XA2 Ultra」と同じく、Snapdragon 630 プロセッサを搭載する新型スマートフォンです。

「Xperia XA2」「Xperia XA2 Ultra」と同じく背面中央の指紋センサーや 2,300 万画素 1/2.3” Exmor RS イメージセンサーリアカメラ、120 度の広角 800 万画素フロントカメラなどを搭載します。

OS は Android 8.0 Oreo、Bluetooth 5.0、USB Type-C コネクタなども「Xperia XA2」「Xperia XA2 Ultra」と共通です。デザインはダイヤモンドカットが施されたメタルボディで高級感と持ち安さを演出

では何が異なるかというと、新たにアスペクト比 18:9 の 6 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+ ディスプレイを搭載し、更にミッドレンジモデルとしては初の Sony 独自高音質技術「DSEE HX」とハイレゾ音源再生をサポートする点。

「DSEE HX」は圧縮されたデジタル音源を高解像度音源に自動でアップスケールするオーディオ機能です。Android 8.0 Oreo 搭載なのでもちろん Bluetooth 接続時の高音質コーデック「LDAC」もサポートします。

更に「Xperia XA2」「Xperia XA2 Ultra」にはない 6GB RAM モデルもラインアップされています。

ちなみにフロントカメラはデュアル仕様ではないため、デュアルフロントカメラ搭載の「Xperia XA2 Ultra」とはまた異なる立ち位置です。

カラーバリエーションは “シルバー” “ブラック” “ゴールド” “グリーン” の 4 色展開で、シングル SIM モデルとデュアル SIM モデルもラインアップされています。

発売時期は 8 月下旬で、アジア地域と欧州を中心に投入される予定です。

主要スペック

OS
Android 8.0
サイズ
157 × 75 × 9.6 mm
重量
205g
ディスプレイ
6.0 インチ(2,160 × 1,080)フル HD+、Gorilla Glass 5
プロセッサ
Snapdragon 630
RAM
4 / 6 GB
内部ストレージ
32 / 64 GB、micro SD スロット搭載
リアカメラ
2,300 万画素、F/2.0、1/2.3” Exmor RS、Hybrid Autofocus
フロントカメラ
800 万画素、F/2.4、1/4” Exmor R、120 度広角
Wi-Fi
802.11 b / g / n
Bluetooth
5.0
バッテリー
3,580mAh、Quick Charging 3.0
その他
USB Type-C、指紋センサー、シングル / デュアル SIM
カラー
シルバー、ブラック、ゴールド、グリーン

Source:Sony Mobile

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください